« タリンチャン水上マーケットとボートツアー(上) | Main | Phraeng Nara再訪 »

2015年1月11日星期日

タリンチャン水上マーケットとボートツアー(下)

P1033005

 前回の続き。寺院を出発して、再びバンコクの運河をボートは走ってゆく。
 荷物を満載した小さなボートとすれ違う。生活の動線になっている、バンコクの運河である。






P1033006

P1033018

 ランを栽培しているところで途中下車。乾季にみずみずしさを添える花々だ。







P1030002

 ラン栽培の見学を終え、ボートはタリンチャンへと戻っていく。
 運河沿いの家には、運河に向けてテラスを作っている家が多い。花で彩ってみたり、






P1030015

P1030021

 我々観光客を始め運河を行き来する人たちの目を和ませてくれる飾り付けをしている家があったりする。






P1030035

 水辺に仏塔を建てている家も多い。









P1030007

 奥には別の水協マーケットがあるそうだが、そこには行かずに帰路につく。








P1030041

P1030044

 再びタリンチャンの水上マーケットが見え、2時間あまりの船旅は終わり。






P1030046

P1030047

 水上マーケットの食堂は、大勢で食べる料理もあれば一品料理や麺類もあり、1人や少人数で来ても堪能できそうだ。





P1030049

 頼んだのはパッタイ。確か40バーツだったと思う。
 他の料理も例えば串焼きが一本7バーツなど、リーズナブルな値段で食べられる。







P1030050

 食事をしているときに、運河を渡っている橋を列車が通り過ぎて行った。1日に走っている本数は少なそうだ。








P1030052

P1030066

 お昼時ということで、小舟での調理も忙しそうだ。

 水上マーケットめぐりとはいかなかったがボートツアーで運河やそれに沿って建ち並ぶ家々、そして運河沿いに暮らす人たちの姿を垣間見ることができ、半日で充分楽しめたと思う。バンコクの伊勢丹前という交通至便でわかりやすいところからこうしたところへ行くことができる、というのも大きいのでは、と感じる。

|

« タリンチャン水上マーケットとボートツアー(上) | Main | Phraeng Nara再訪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/60960322

Listed below are links to weblogs that reference タリンチャン水上マーケットとボートツアー(下):

« タリンチャン水上マーケットとボートツアー(上) | Main | Phraeng Nara再訪 »