« チャオプラヤー・エクスプレス・ボート | Main | 春節 »

2015年1月25日星期日

ロート運河沿い・小さな橋と路上の電気街と

P1180250

P1180254

 王宮からPhraeng Naraを目指して歩くと、細い水路に突き当たる。
 ロート運河Khlong Loadと呼ばれるこの細い流れには何本か橋が架かっている。このチャーンローンシー橋Chang Rongsi Bridgeは、現王朝であるチャクリー王朝初期に、象が通るために造られたのだとか。なるほど象も通ることができそうだが、昔は木造の橋で度々崩落し、1910年に鉄筋造りになり、さらに1975年に改築され今の姿になったのだとか。
 象が通るいわれがある橋なのに欄干に犬の像があるのは、改築された1910年が戌年だからである。

P1180260

 その下流には小さいながらも優雅な橋が。このPi Kun Bridgeは、1911年にラーマ5世夫人が48歳、干支で4周りになるのを期に造った橋なのだとか。







P1180292

 2つの橋の間には内務省が。中央官庁でも優雅な造りだ。







P1180287

 さらに下ると、可動橋がある。もっとも、昔はバンコクとチョンブリに6つあったという可動橋は今は姿をとどめず、この橋は復元なのだとか。




P1180271

P1180272

 このルート運河沿いの路上には、ラジカセなど家電を修理する人たちと、そのためのスペースが並んでいる。
 この辺りは細かいパーツを売る店が並んでいて、家電製品が並んでいるわけではないがちょっとした電気街だ。5年前には路上でミシンを使っている人を見たし今回バンコクに来てからもそうした人を見かけたのだが、店の中にはスペースがなく路上で修理しているのか、これが習慣になっているのか。

P1180270_2

 運河と接する通りも、さほど豪華とは言えないが美しい外観を保っている。王宮に近いこの辺りならではなのだろうか。

|

« チャオプラヤー・エクスプレス・ボート | Main | 春節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/61034714

Listed below are links to weblogs that reference ロート運河沿い・小さな橋と路上の電気街と:

« チャオプラヤー・エクスプレス・ボート | Main | 春節 »