« カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(1)クウェー川鉄橋 | Main | カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(3)ナムトック駅へ »

2015年5月17日星期日

カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(2)サイヨーク・ノイ

 前回の続き。クウェー川鉄橋を見た後はカンチャナブリーで一泊し、翌日旧泰緬鉄道、タイ国有鉄道南本線ナムトック支線に乗ることにした。

P5021189

 観光列車に乗ると終点のナムトックで3時間程停車するので観光が楽しめると思いそれに乗るべく9時頃にカンチャナブリー駅に行ったところ、「観光列車は満席だ。次の列車は11時半」とのことだった。聞くと3日前から切符を売っているとかで、観光列車は座席指定なのか知らないが乗ることができないようだ。それはともかくとして10時35分発で普通列車があるように駅の時刻表に書いてあるので指を差しながら「これは?」と問うたところ「delay」との返事、遅れ情報が駅にも入ってきているようだ。

P5021201

 ならば次の策として、バスでナムトックに向かいそこからカンチャナブリーへ戻る列車に乗ることにして、駅を後にした。ナムトックの先にはサイヨーク・ノイという滝があり、そこを観ることもできる。予め調べたところこの観光列車だけはナムトックの先にあるサイヨーク・ノイへも行くそうでそれを期待して観光列車の時間に駅に向かったのだが、バスでもサイヨーク・ノイへ行くことができる。
 20分程歩いてバスターミナルへ。バスは系統番号が車体に書いてあり、「8203」と書いてあるバスに乗るよう窓口で教えてもらった。

P5021207

P5021215

 バスは整備された道を進んでいく。沿道の花炎樹や緑が美しい。







P5021217

 1時間20分程、車掌に教えてもらって下車。食堂や物産店に混じってセブンイレブンもある。
 サービスエリアのような役割になっているようだ。






P5021218

 道を渡り、「WELCOME」と書かれた入口から登っていく。








P5021221

 程なく、「NAM TOK SAI YOK NOI」と書かれた看板とプラットフォーム、そして線路がある場所へ。
 ここもホームの脇に店が並んでいる。






P5021222

 ナムトック、その先にカンチャナブリーがある方向を見る。草茫々の線路に列車が走っているようには見えないのだが…






P5021225

 駅名表示のさらにその先に進むと、蒸気機関車が置いてある。機関車を押す格好で写真を撮っている人たちがいた。






P5021227

 木の枝が伸びているその先で線路は途切れる。かつてはこの先のビルマ、今のミャンマーまで線路が延びていたのだろうか。






P5021235

 小道を歩いたすぐその先に、水が流れている。









P5021271

 そしてその先には滝とその水が溜まった浅い滝壺がある。この滝がサイヨーク・ノイだ。
 滝壺では子どもたちが水遊びを楽しみ、さらに滝が岩を打つところまで上る人たちも。





P5021246

P5021250

 滝壺から溢れた水が流れる岩肌で遊ぶ子ども達。
 そしてその水辺にシートを広げ、持ってきた食事を楽しむ人たちも。家族連れや近所で連れだって、というところだろうか。
 外国人もそこそこいて、ロシア人が多いのか注意書きにはロシア語も見られた。

P5021260

 さらに先に進むと車道に戻るのだが、木々が華やかで日本で見る紅葉のようだ。








P5021282

 改めて蒸気機関車の前を通る。この蒸気機関車は702号と番号が付いているが、もとはクウェー川鉄橋駅にあったものと同じ日本のC56型蒸気機関車。行き止まりのところにこの蒸気機関車の紹介があり、日本鉄道製で戦中に泰緬鉄道で使われたのち、1946年から1976年まで現役で活躍したと記されている。

|

« カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(1)クウェー川鉄橋 | Main | カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(3)ナムトック駅へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/61600447

Listed below are links to weblogs that reference カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(2)サイヨーク・ノイ:

« カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(1)クウェー川鉄橋 | Main | カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(3)ナムトック駅へ »