« カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(6)バンコクとカンチャナブリーのバスターミナル | Main | バンコクでTポイント »

2015年6月28日星期日

ドゥシットドライビングレンジ-競馬場の中の打ちっ放し-

P6271574

 タイでは週末ゴルフの機会が多いとかで、私もタイに来てからゴルフの練習を始めた。日本人が行く打ちっ放しと言えばエカマイにある42 Tee-OffやRCAドライビングレンジだろうが、バンコクには競馬場の中にある打ちっ放しがあると聞いたので行ってみた。



P_20150627_123436

 競馬場の中の打ちっ放し-ドゥシットドライビングレンジDusit Driving Range-へは、伊勢丹の裏にあるThe Platinum近くのバス停から505番のバスに乗っていくことができる。このバスは伊勢丹の前も通るとかだが、バス停には505番の番号がなかったので念のため伊勢丹の裏の通りにあるバス停から乗ることにした。バス代は11バーツ。
 ここからドライビングレンジの近くへ行くと思われる505番や23番のバスに「ドゥシット」と言ったところ「このバスは行かない」というニュアンスのことを言われたり仕草をされたりした。「ドゥシット」と言うと近くの他の場所を指すのだろうか、最寄のバス停である「นางเลิ้ง」の文字を見せるとわかってもらえた。このバス停はアルファベットだと「Nang Leong」となるらしいので、次に行く時はそれらしく言ってみようと思う。

P_20150627_132932

 BTSの高架をくぐり、立体交差をくぐるとその最寄りのバス停だ。歩道橋を渡ってドライビングレンジを目指す。






P_20150627_133200

 先述の通り、この練習場は競馬場の中にある。入ってまず見えるのは、競馬場のスタンドだ。






P6271548

P6271550

 右に進み、矢印の先がドライビングレンジとかで進んでいく。

P6271554

 突き当たりに食堂がある。この奥が競馬コースだ。
 右手にゴルフコースの受付があるので練習場への生き方を尋ねたところ、近くの看板を指差し「この電話番号に電話すれば迎えに来てくれる」と言われたが、食堂にいた人が「競馬場を歩いて行け」と教えてくれたので、それに従って競馬場へ。




P6271555

 レース日ではないとはいえ、競馬場に入り芝の上を歩くというのは新鮮な体験だ。








P6271562

 電光掲示板の奥にフェンスで囲まれたスペースが見える。そこがドライビングレンジなのだろう。
 コースの柵が切れているところがあるので、、そこを通ってドライビングレンジを目指す。





P6271565

 土のコースも横切り、中へと入っていく。









P6271566

P6271568 中に入ると、練習場だけではなくてゴルフコースもある。ロイヤルドゥシットゴルフクラブRoyal Dusit Golf Clubというこのコース、競馬場の中に練習場だけでなくコースまである。行く道すがらにはパー3のコースのティグランドが見えた。

P_20150627_215800

 後でカード代わりに貰ったスコアカードを見たところ、競馬場の中だけでなく周りも使って、OUT33・IN32ながら18ホールあるコースだと分かった。
 競馬のコースを何回か横切ってプレーすることになりそうだ。


P6271570

 こちらが練習場。奥まで250ヤードある。
 打席数は28で、3~4つおきに自動球出し機が置いてある。私が行ったときは他に4人が練習していて、中には打席から前に出て天然芝の上に立ってそこから打ったりアプローチの練習をしたりしている人もいた。
 今回は3トレー頼んだところボール代は100バーツ、本来の料金は4トレーでも100バーツのようだ。42 Tee-Offのように何人もスタッフがいてボールを運んだりしてくれるわけではないようで、売店にいた店番のスタッフがボール運びもやってくれた。
 客もスタッフも多い練習場とは違い、のんびりした雰囲気だ。

P_20150711_130547

(2015年7月12日追記:料金は7時~16時までがボールの種類によって4ケース100バーツもしくは3ケース100バーツ、それから後は後者のボールが1ケース40バーツになるとのことだった。ドライビングレンジの入口とゴルフコースにはそのことを示す案内が貼られていた。)


P6271572

 この練習場、競馬場の中ということもあり競馬開催日は午前10時で終了だそうだ。行ったのが土曜日だったのだが、競馬は日曜日に行われることが多いようで「明日は何時までやってる?」と聞いたところやはり10時までという返事が返ってきた。ゴルフコースに出るにも練習場に行くにも競馬のコースを横切らなければならず、さすがに競馬開催時にコースを横切らせることはしないのだろう。
 競馬場の中に入るという珍しさもあり、伊勢丹界隈からバスですぐという近くで雰囲気の違う打ちっ放しをすることができる。

Royal Dusit Golf Clubのウェブサイト(タイ語のみ)

|

« カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(6)バンコクとカンチャナブリーのバスターミナル | Main | バンコクでTポイント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/61804494

Listed below are links to weblogs that reference ドゥシットドライビングレンジ-競馬場の中の打ちっ放し-:

« カンチャナブリーと旧泰緬鉄道(6)バンコクとカンチャナブリーのバスターミナル | Main | バンコクでTポイント »