« バンコク~シェムリアップ国境越え(1)バンコクから列車でアランヤプラテートへ | Main | バンコク~シェムリアップ国境越え(3)国境を越えカンボジアへ »

2016年2月29日星期一

バンコク~シェムリアップ国境越え(2)アランヤプラテート行き列車に日本の客車が

P2201731

P2201733

 前回の続き。マッカサンから列車に乗るときも、途中駅でホームに降りたときにも気が付かなかったのだが、アランヤプラテートで列車を降りて最後尾の車両を見ると、明らかに日本から来た客車とわかる車輛が2両連結されていた。窓の少ない車輛は12系、窓が細長い車輛は14系として日本を走っていたのだろう。
 車体にはタイの観光名所やタイ料理が描かれている。観光列車としての位置づけなのだろうか。

P2201736  最後尾の車輛、かつての14系には「自動ドア」の表示が残る。








P2201740

 かつての12系には、連結面に「日本国有鉄道」「新潟鉄工所 昭和44年」「日本国有鉄道高砂工場 昭和47年改造」の文字が残っている。







P2201732

 車内の写真。2等運賃の設定があり、3等運賃の2倍以上の111バーツだったが、その運賃で乗ることができるのだろうか、あるいは団体専用的な運用をされているのだろうか。エアコンも効いていて快適そうな感じであった。
 かつての日本の客車に乗ることができればよかったのだが、気が付かなかったので仕方がない。これに乗るためにまたこの列車に乗るのも良いかもしれないが、用もなく乗るのも何なので、またカンボジアを目指すことがあればこれに乗って同じルートを辿ってみたいし、他の長距離列車に連結されている日本からの客車を見つけられればそれに乗りたいものだ。

|

« バンコク~シェムリアップ国境越え(1)バンコクから列車でアランヤプラテートへ | Main | バンコク~シェムリアップ国境越え(3)国境を越えカンボジアへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/63282646

Listed below are links to weblogs that reference バンコク~シェムリアップ国境越え(2)アランヤプラテート行き列車に日本の客車が:

« バンコク~シェムリアップ国境越え(1)バンコクから列車でアランヤプラテートへ | Main | バンコク~シェムリアップ国境越え(3)国境を越えカンボジアへ »