« 2017年・マレー半島南下旅行(10)クアラルンプール~ジョホールバル 鉄道の旅 | Main | 2017年・マレー半島南下旅行(12)クアラルンプール空港~KL Sentral 鉄道運賃の不思議 »

2017年6月12日星期一

2017年・マレー半島南下旅行(11)ジョホールバル~シンガポール国境越え

P5011224

 前回の続き。2泊3日ずつに分けて敢行したマレー半島南下の旅、ジョホールバルからシンガポールへ陸路で向かって終わりだ。朝ホテルを発ち、シンガポールへ向かうべく駅を眼下に見ながら歩く。
 左端に蒸気機関車が停まっているのは、観光列車か何かで使われているのだろうか。





P5011226

 対岸のシンガポールを望む。ここがマレー半島の最南端ではないが、シンガポールと相対するこの地がマレー半島の終わりであることを感じさせてくれる。








P5011232

P5011236

 前日の夜雨上がりにもかかわらず賑わっていた駅付近の街並みも、朝は静かだ。







Dsc_1484

 JB Sentralからシンガポール側のウッドランズWoodlandsまでの短い距離を鉄道が走っていて鉄路で国境越えができるのだが、切符はしばらく先まで売り切れとのことだった。
 ラスト1マイルは、バスでの移動・国境越えになった。







Dsc_1486

 JB Sentralと隣り合わせのバスターミナルまで歩き、出国審査を経てバス乗り場へ。バスの切符を買うことなく出国審査があるので少し不安だったが、バスの運賃は車内で払うシステムだ。運賃は1.5リンギット。
 10分程でウッドランズに着き、入国審査を経てシンガポールへ。シンガポールドルを持っていなかったので、長い歩道橋を渡って建物の外へ出て、近くのスーパーに隣接している両替商でいくばくかマレーシアリンギットとシンガポールドルを両替。タイバーツからの両替はそこではしてもらえなかった。
 MRTのウッドランズ駅までバスで行くことができ、そこからMRTでシンガポール各地へと行くことができる。

P5011245_2

 シンガポールの南へと向かい、ウェスティンホテルのロビーからシンガポール港を望む。その先はシンガポール海峡だ。このホテルのロビーから、世界有数の取扱量を誇りシンガポール経済を支えている港を一望することができる。
 これでマレー半島南下の旅は終わり。2泊3日を2回の、勤め人が無理をしない日程での旅にしたが、それでも街を見てまわったのはクアラルンプールくらいだったので、マレーシアの各地も改めて観てみたいものだ。

 

|

« 2017年・マレー半島南下旅行(10)クアラルンプール~ジョホールバル 鉄道の旅 | Main | 2017年・マレー半島南下旅行(12)クアラルンプール空港~KL Sentral 鉄道運賃の不思議 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/65400372

Listed below are links to weblogs that reference 2017年・マレー半島南下旅行(11)ジョホールバル~シンガポール国境越え:

« 2017年・マレー半島南下旅行(10)クアラルンプール~ジョホールバル 鉄道の旅 | Main | 2017年・マレー半島南下旅行(12)クアラルンプール空港~KL Sentral 鉄道運賃の不思議 »