« 十二月 2017 | Main | 二月 2018 »

一月 2018

2018年1月28日星期日

タイ・ミャンマー国境越え(6)スーレー・パヤーやチャイナタウンなど

Pa201567

 ヤンゴンの中心部だけだが、街を少し歩いたのでそのこともぼちぼちと。
 ヤンゴン中央駅付近、「サクラ・タワー」という名のオフィスビルやシャングリラがあるスーレー・パゴダ通り。コロニアルな建物があるのはかつてこの地がイギリスの支配下にあった名残であり、街を歩くときに目を楽しませてはくれるが考えるところもある。



Pa201566

 通りの先には、その名の由来であるスーレー・パヤーがある。









Pa201573

Pa201574

 前述したシュエダゴォン・パヤー同様、規模は小さながらここも朝から新進部会ミャンマーの人達で賑わっている。
 お供え物を塔の上まで運ぶ小さなロープウェーがあるのが面白い。



Pa201585

 スーレー・パヤーを囲むロータリーには、塔に面してモスクが建っている。仏教とイスラム教の祈りの場所が通りを挟んで建っており、さらにインド人街やチャイナタウンがあるところを見る限りではこの国や街は多様性に寛大なように見えるのだが…






Pa201589

 スーレー・パヤーで道を西に曲がり歩いたマハバンドゥーヤ通りでは、モスクをいくつか見ることができた。









Pa201597

Pa201604

 その先はチャイナタウン。小さなビルや店の表示に漢字を見ることが多い。








Pa201609

Pa201610

 ヤンゴン川沿いの通りにある中国寺院には、山水画風のタイルが壁面に。父母を追慕する目的でその子女がお金を出して作ったことが、横の小さなタイルに書かれている。




Pa201620

 ヤンゴンを訪れたのは10月、何の行事だろうか小さな通りに旗が立ち供物がなされていて、関係する一族の人だろうか線香を立てて祈っていた。








Pa201626

 中国料理店もいくつか。小生も街歩きの途中で別の店に入ったが店の中では店員が中国語を話し、客も中国語を話す人が多かった。ミャンマーの華人は古くからいる人も言葉など保っている人が多いのか、あるいはミャンマーで仕事をする中国人なのか気になるところだ。

 3連休のうち1日をまるまる移動に費やし、3日目の朝に帰路に就いたのでヤンゴンを見たのは実質1日だけだった。ヤンゴンの1%も観てはいないだろうから、また訪れてみたいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タイ・ミャンマー国境越え(5)ヤンゴン川河畔

Pa201614

 前回の続き。ヤンゴンの街はヤンゴン川とバゴー川が合流するところに位置しており、さらにその間をバズンダン・クリークという小川が流れている。ヤンゴンは水に囲まれた街と言える。
 その合流地点、ヤンゴン中心部から程近いところでは、ヤンゴン川に海外との間を結ぶ貨物船が泊まっているのが見える。河川港であり船は浅瀬に気を遣いながら海へ出ていく必要がありそうだ。
 そんな大きな船の横を、小さなボートが通り過ぎていく。



Pa201616

 貨物船よりははるかに小さい様々な船が、このヤンゴン川を走っている。対岸の街に向かうだけの短距離を走るものから、このまま外海に出て海岸沿いを走ってミャンマー各地との往来をする船まで様々だ。







Pa201612

 河岸沿いのストランド通りには、線路や駅の跡がある。
 2016年1月にバズンダウンから市街地の南側を河岸沿いに走るトラムが開通し、日本から譲渡された路面電車が走っていたらしいが、わずか半年で運行休止になったとのこと。ガイドブックの地図にはトラムの路線が描かれていたのだが、譲渡された車輛が十分に活躍しないまま休止になってしまったのは残念だ。
 そう遠い昔の話ではないのだが、線路は土で埋まっていて再び列車が走る雰囲気は感じられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018年1月14日星期日

タイ・ミャンマー国境越え(4)シュエダゴォン・パヤー

Pa221689

 ヤンゴンのランドマークともいえるシュエダゴォン・パヤー。ヤンゴンにおける仏教の聖地だ。

Pa201628

 外国人は参観料を支払うが、ミャンマーの人達は無料で参拝することができる。
 歩いて登ることもできるが、エレベーターで丘を登ってシュエダゴォン・パヤーに入る。エレベーターを降りたところから見た仏塔。









Pa201661

 大きな仏塔に圧倒される。
 塔の尖塔には多くのダイヤモンドや宝石が散りばめられており、それらは全てミャンマーの人達の寄進によるものなのだとか。





Pa201634

Pa201652

 塔のふもと、つまり地上部の東西南北には異なる仏像が配されていて、それぞれに敬虔なミャンマーの人達が祈りを捧げている。



Pa201676

Pa201655

 大きな仏塔を囲むように小さな仏塔が並ぶ。境内は靴を脱いで歩かなければならず、足元が熱い。




Pa201637

 タイと同様に生まれた曜日が重んじられるようで、各曜日にまつわる仏像もある。水曜日は午前と午後で分けていて、8つの曜日それぞれの仏像に祈りを捧げる。







Pa201640

Pa201645

 境内には菩提樹や、仏画のレリーフもある。




Pa221700

 夜の仏塔も美しいと聞いたので、同じ日の夜に再びシュエダゴォン・パヤーを訪れた。外国人は昼間に訪れた時のチケットを持っていれば、同じ日であれば再訪することができる。参観料がかからないミャンマーの人は勿論いつでも訪れることができる。



Pa221705

Pa221707

 夜になっても境内には仏塔や仏像に跪いて祈りを捧げるミャンマーの人達の姿が見られる。信心深いヤンゴンの、そしてミャンマーの人達の姿をここでは見ることができる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 十二月 2017 | Main | 二月 2018 »