« メーサイ・タチレイ国境の旅(1)バンコクからバスでメーサイへ | Main | メーサイ・タチレイ国境の旅(3)タチレイのゴルフ場-Regina Hotel and Golf Club- »

2018年10月27日星期六

メーサイ・タチレイ国境の旅(2)国境越えとタチレイ街巡り

Pa200319

 前回の続き。メーサイのバスターミナルから赤いソンテウに乗り、そのまた先にある国境へと走っていく。








Pa200323

 タイ側の検問所。
 この10月から日本のパスポート所持者はノービザでミャンマーに入国することができるようになった。それまでは予めビザを取得するか、ノービザの場合はタイ出国後にミャンマー側でタチレイ限定の入境許可証を取得して入国する必要があったのだが、これらの扱いを必要とすることなくタチレイへと行くことができる。



Pa200324

 国境周辺のタイ側、メーサイの街並み。朝早くから店を開けている。








Pa200326

 タイ側の出国手続きを終え、国境にかかる橋を渡る。









Pa200328

 以前国境越えをしたメーソート-ミャワディ同様、細い川を渡っての国境越えだ。
 ビルマ語の看板が目に入ってくる。







Pa200334

 車はタイは左側通行、ミャンマーは右側通行なのだが、橋の上でX字状に交差して左側通行から右側通行に、あるいはその逆へと車は進路を変える。
 歩いて国境を越える場合も、タイからミャンマーへ向かう際は出国検査は橋の左側を通り、入国審査は橋の右側で受けるのでどこかで橋を渡る必要がある。
 バイクやトゥクトゥクが橋を渡って国境を越えていくところに、タイ側とミャンマー側との繋がりを感じる。


Pa200361

 国境を越えてすぐのところにあるロータリーには、「CITY OF THE GOLDEN TRIANGLE」の文字が。タイ・ミャンマー・ラオスの3か国が接するゴールデン・トライアングル、かつては裏社会の暗躍で名を馳せたが今ではその名前を街に掲げてさえもいる。
 ミャンマー側は、2~3階建ての建物がめいめいに建てられた、統一感のない感じだ。


Pa200345

 タチレイの見どころは寺院が多いようで、トゥクトゥクで見てまわった。まずはワット・タイ・ヤイ。この地の少数民族、シャン族にまつわる寺院だそうだ。







Pa200348

 シュエダゴン・パゴダ。金色の塔に青い空と緑の山並みは、似たような名前の寺院ややはり金色の仏塔をヤンゴンで観るのとは違う眺めだ。







Pa200351

 エレファント・テンプルと呼ばれる緑色の寺院。門前で象の像が出迎える。
 3寺院それぞれに違う雰囲気や文化を感じるし、タイの寺院とも異なる感じだ。






Pa200357

 街中で見た、瓜を載せた3輪トラック。かつて中国の地方都市で見たそれを思い出させる。同じ内陸部ということで言えば、今の昆明や大理でもこうしたトラックは幅を利かせているのだろうか。
 続きは後程。

|

« メーサイ・タチレイ国境の旅(1)バンコクからバスでメーサイへ | Main | メーサイ・タチレイ国境の旅(3)タチレイのゴルフ場-Regina Hotel and Golf Club- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/67316134

Listed below are links to weblogs that reference メーサイ・タチレイ国境の旅(2)国境越えとタチレイ街巡り:

« メーサイ・タチレイ国境の旅(1)バンコクからバスでメーサイへ | Main | メーサイ・タチレイ国境の旅(3)タチレイのゴルフ場-Regina Hotel and Golf Club- »