« メーサイ・タチレイ国境の旅(5)国境上の物売り | Main | メーサイ・タチレイ国境の旅(7)タイ北部からミャンマーの山々を望む »

2018年10月30日星期二

メーサイ・タチレイ国境の旅(6)ドイトゥン・パレス

Pa210409

 前回の続き。明けて翌日、メーサイの近くにあるドイトゥン・パレス Doi Tung Palaceというところへ行ってきた。ガイドブックではチェンライ近郊のスポットとして紹介されているものもあるが、メーサイから近いところにある離宮だ。
 道路から階段を下ったところにある庭園が、色とりどりの花で美しい




Pa210382

 この日は入場無料とのことで、チェンライなど近くから来ているであろう多くの人たちで賑わっていた。








Pa210383

 水鳥が並んで池を進んでいく。









Pa210418

 ゴールデントライアングルの山並みにを遠くに見る、美しい花の広場だ。








Pa210443

 この庭園を見下ろすように建っているのが、プミポン国王の母上であるシーナカリン王母の離宮だ。タイ北部のラーンナー文化に、王母がかつて住んでおられたスイスのの山小屋の雰囲気を混ぜて作られた離宮だ。
 離宮内はイヤホンでガイドを聞きながら見ることができる(日本語も選べる)。王母は晩年この地で過ごすのを楽しみしていたとかで、編み物用具や旅行鞄など生前使っていたものの展示を見たり、イヤホンから流れるガイドでこの地の人達に与えた配慮について聞いたりしながら中を見てまわった。

Pa210431

 離宮のベランダから先程の庭園を下に見、さらにその先にあるミャンマーの山々を望む。








Pa210444

 離宮を観た後、こちらはタイ側、チェンライを望む。









Pa210424

 離宮の入口にはドイトゥンコーヒー Doi TUng Coffeeがある。
 ドイトゥンというのはこの山間の地名だが、その名を冠した「ドイトゥン・プロジェクト」というものがある。長らくこのゴールデントライアングルは麻薬の流通で名を馳せていた地域であり、またここを含むタイ北部は貧しい地域であった。シーナカリン王母の発案と伝わるドイトゥン・プロジェクトで、麻薬の原料であるケシの栽培に代わりコーヒーや野菜などの農作物への転換を促し、この地域をタイの健全な社会に取り込もうとするプロジェクトだ。庭園の花も、そうした過程で花卉農家に転じたこの地の人達が作り出したものが少なからずあるだろう。ドイトゥンコーヒーは、このプロジェクト
 スワンナプーム空港ではドイトゥン Doi Tungの名を冠した土産物店が出国審査後のエリアにあり、コーヒー・ナッツや布製品などを売っている。またドンムアン空港の制限区域外nにある同じ名前の店では、これらに加えて野菜も売っている。
 多くの人がここを訪れるのは、眺めの良さや庭園の美しさの他に、王母のプロジェクトなどによりタイの人達が王室に尊敬と親しみを持っている、ということにもよるだろう。

|

« メーサイ・タチレイ国境の旅(5)国境上の物売り | Main | メーサイ・タチレイ国境の旅(7)タイ北部からミャンマーの山々を望む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73410/67327028

Listed below are links to weblogs that reference メーサイ・タチレイ国境の旅(6)ドイトゥン・パレス:

« メーサイ・タチレイ国境の旅(5)国境上の物売り | Main | メーサイ・タチレイ国境の旅(7)タイ北部からミャンマーの山々を望む »