« スーパーカブC125@エカマイ | Main | ビエンチャンで見る京都のバス »

2019年8月13日星期二

タイサッカーリーグ3部(T3)で戦う北本久仁衛選手

P8111175_r  先週の日曜日(11日)の夕方、バンコク中心部にあるChuralongkorn University Stadirmでタイサッカーリーグ3部(T3)の試合、Chamchuri United F.C.対Ranong F.C.の試合を観てきた。タイサッカーリーグ3部の試合を観に行ったのは、長い間ヴィッセル神戸でプレーした北本久仁衛選手がChamchuri Unitedでプレーしているからだ。
 この日の試合会場であるChuralongkorn University Stadium、その名前の通りチュラロンコン大学の敷地内にあるスタジアムだ。収容人数2万人とかで、大学が持つスタジアムにしては大きなスタジアムだ。北本選手が所属するChamuchuri Unitedもチュラロンコン大学を母体に作られたチームだ。この近くにはChamchuri Squareという名前のオフィスビルもあり、「Chamchuri」の名前はチュラロンコン大学にまつわる物につけられるものなのだろう。
 今年の雨季はあまり暑くならないバンコクだが、昼間のキックオフとはならず17時キックオフ。Chamuchuri Unitedは大学母体のせいなのか若い選手が多い。その中でベテランの北本選手は経験十分、ディフェンスのセンターもしくは右サイドバックの位置で相手の攻撃をヘディングでかわすシーンが度々で、時には攻撃参加すべく前線に上がってくることもあった。体格もあり、このレベルだと頭一つ抜き出た感じだ。試合はロスタイムにChamuchuri Unitedが決勝ゴールを決める展開で1-0で勝利。

 北本選手はヴィッセル神戸退団後、やはりタイリーグ3部に属するSimork FCに移籍したと報じられた。だがこのチームは給与未払が続き3月末にリーグ戦への参加資格を停止され、Simork FCでプレーしていた選手達は移籍を余儀なくされ北本選手も6月にChamchuri Unitedへの入団が決まり今に至っている。
 Simork FCへの移籍時に北本選手はタイ人選手のサポートでへの移籍を決めたとのコメントがあった。Simork FCはタイリーグ1部に属するスパンブリーFCのリザーブチームの位置づけであり、推測だがスパンブリーの外国人選手の動向如何でそこへの移籍も考えられる移籍だったのだろう。Simork FCが給与未払でリーグを追放されたのは移籍時には思いもよらなかったことだろう。
 日本人が多く住むタイ、とりわけバンコクにあって、タイで活躍する日本人サッカー選手のことを見聞きすることは少ない。もう少し情報があっても、そして選手からの発信がありそうなものだが意外と少ない。

 Churalongkorn University Stadiumはバンコクの中心、MRTのSam Yan駅に程近く公共交通機関で行くことができる場所にある。日本人サッカー選手の活躍をバンコクの中心で見ることができる。

|

« スーパーカブC125@エカマイ | Main | ビエンチャンで見る京都のバス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スーパーカブC125@エカマイ | Main | ビエンチャンで見る京都のバス »