« バンコクMRT延長区間散策(2)サムヨート駅界隈 | Main | On Lok Yun (ออน ล๊อก หยุ่น)でモーニング »

2019年8月27日星期二

バンコクMRT延長区間散策(3)サナームチャイ駅、さらにその先へ

P8251260_r P8251261_r  前回の続き。サムヨートからさらに1駅、サナームチャイ駅へ。
 このサナームチャイ駅は構内の豪華さがアピールポイントだ。赤い天井に洒落た照明、そして綺麗に塗られた柱が豪華な雰囲気を醸し出し、ここでもあちこちで乗客がカメラを構える。試験運行中の週末だからよいものの、さすがに通勤客もいるであろう平日はどうだろうか。
 駅の風情や風格は新築時の姿もさることながら、その後の手入れにもよるところが大きいと思うので、今後に注目だ。

P8251262_r P8251268_r 地上にでると、そこはチャオプラヤ川。このあたりはそれこそボートで来るのが一番便利なエリアだったが、今回の延伸でMRTで来ることもできるようになった。

P8251269_r チャオプラヤ川とは反対側の出口には凝った造りの警察署が。ここから北に向かって歩いていくと王宮やワット・プラケオ、そしてワット・ポーへ行くことができる。
 今回のMRTの延伸で、中華街からチャオプラヤ川の河岸までのエリアへのアクセスが良くなっている。このあたりに住んだり縁があったりする人たちには便利になり、他所からバンコクを訪れたり今までこのあたりに縁が薄かったりという人にとっては見える世界が広がっていく。

 今回の延伸区間、サナームチャイから2駅目のタープラ駅から高架を走る。将来MRTブルーラインは東京の大江戸線のように6の字型の路線になりこのタープラ駅で交わるのだが、6の字の円形部分はバンコク北部のバーンスー、そしてその隣駅のタオブーン駅までしか開通しておらずそこから先6の字を完成させる路線は工事中なのだが、車内放送は開通後ここで乗り換え可能になる前提で「バーンスー方面へ行く客は乗り換え」のようなアナウンスをしていた。

P8251270_r  訪れた時の試験運行は、BTSとの接続駅であるバーンワー駅が終点。本格開業時を想定して列車はさらにその先へと走っていくが、乗客は皆バーンワー駅で下車だ。バンコク中心部から伸びていくMRTやBTSは、バンコクの拡がりの象徴でもある。

|

« バンコクMRT延長区間散策(2)サムヨート駅界隈 | Main | On Lok Yun (ออน ล๊อก หยุ่น)でモーニング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バンコクMRT延長区間散策(2)サムヨート駅界隈 | Main | On Lok Yun (ออน ล๊อก หยุ่น)でモーニング »