« タイサッカーリーグ3部(T3)で戦う北本久仁衛選手 | Main | スリウォン通りの猫たち »

2019年8月13日星期二

ビエンチャンで見る京都のバス

P7170044_rP7170046_r  ビエンチャンの話題で書き忘れたことを1つ。空港の外で看板の写真を撮った後にターミナルに戻ろうとしたところ、左側にドアがある日本のバスが2台通って行った。車体の下に「京都市交通局」と書いてあったり、後ろのガラスに日の丸とともに「From Kyoto, Japan」と書いてあったりしたので、かつて京都の路線バスとして使われていたバスが日本からの援助でここラオスに贈られたのだろう。
 3年前にビエンチャンを訪れた時にもバスターミナル国境のタイ・ラオス友好橋で日本の援助で導入されたバスを見たがこれらは右側通行のラオスにあわせた仕様になっていて、こちらは左側通行の日本の中古車であることがわかるバスだ。運転手以外無人のバスは到着・出発エリアを通り過ぎて空港の端に停まっていたが、どのような用途で使われているのだろうか。2台連なって来ていたので、空港勤務者の送迎用だろうか。

|

« タイサッカーリーグ3部(T3)で戦う北本久仁衛選手 | Main | スリウォン通りの猫たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« タイサッカーリーグ3部(T3)で戦う北本久仁衛選手 | Main | スリウォン通りの猫たち »