« バンコクMRT延長区間散策(1)ワット・マンコン駅界隈 | Main | バンコクMRT延長区間散策(3)サナームチャイ駅、さらにその先へ »

2019年8月26日星期一

バンコクMRT延長区間散策(2)サムヨート駅界隈

Dsc_1751_r  前回の続き。ワット・マンコン駅から先は試験運行中無料でMRTに乗ることができる。1駅隣のサムヨート駅で途中下車。MRT延長に際して建てた新しい建物だが、屋根や緑の窓枠など綺麗かつこのあたりの街並みにある建物に合うように作られている。

P8251257_r 駅前のジャルンクルン通りと交差する、Unakan Roadを北へと歩いていく。 

Dsc_1754_r 駅の裏手に当たる、ロンマニナット公園。緑少ないバンコク中心部で公園は安らぐ。

Dsc_1756_r Dsc_1757_r  そのすぐ北にはインド人が多く集っている寺院が。ヒンドゥー教の寺院と、それにまつわる財団や学校の建物だ。

Dsc_1764_r 通りの中央分離帯にもヒンドゥー教の小さな祠が。インドの人が周囲を回って祈りを捧げていた。

P8251258_r  その先にはワット・スタット、そしてロータリーに立つ大きな鳥居のようなものはサオ・チン・チャーと呼ばれる、やはりヒンドゥー教にまつわる構築物。司祭がここでブランコのような乗り物に乗る行事がかつて行われていたのだとか。
 ここは10年前に訪れたことがあるが当時はトゥクトゥクかタクシーで来なければという場所であり、あるいはヤワラートや王宮界隈から歩いて訪れる必要があった。その向きはつい最近まで変わらなかったのだろうが、MRTの延伸で来やすくなった。

Dsc_1771_r  Unakan Roadから枝分かれする小道。ここも緑の窓枠が映える昔ながらの造りの長屋が並ぶ。

Dsc_1800_r Dsc_1796_r  サムヨート駅のホームには、昔のバンコク、とりわけ昔の鉄道を伝える写真が掲げられている。かつては路面電車が走っていたことがわかる。
 駅の写真もあり、このサムヨート駅はかつての姿をモデルにして建てられたようだ。

Dsc_1795_r 鉄道だけではなくこのあたりのかつての様子を伝える写真も。前述のワット・スタット、そしてサオ・チン・チャーの昔の写真。

Dsc_1798_r  バンコクも水の都、今でもこの辺りは水路が走っているがかつては今以上に重要な「道」だったことがわかる。 
 続きは後程。

|

« バンコクMRT延長区間散策(1)ワット・マンコン駅界隈 | Main | バンコクMRT延長区間散策(3)サナームチャイ駅、さらにその先へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バンコクMRT延長区間散策(1)ワット・マンコン駅界隈 | Main | バンコクMRT延長区間散策(3)サナームチャイ駅、さらにその先へ »