« チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット | Main | 台湾・北海高爾夫鄉村俱樂部 »

2019年11月24日星期日

バンコクの交差点~信号はいつ変わる?~

 少し前の朝日新聞に、バンコクの激しい渋滞を解消すべく、警察官の勘に頼っていた信号管理を日本のJICAのサポートで人工知能を用いた信号管制に替えようとしたところ、警察官が「自分たちの熟練の技を重用しろ」と反発して導入が進まない、という記事が載っていた。
Dsc_2097_r  確かにバンコクの交差点では写真のような詰所を見ることが多い。ここに詰めている警察官が信号をコントロールしている、ということか。
 交差点を車で通りすぎるときに、横切る道は青信号が長いのにこちらは20秒足らずで赤信号に変わってしまう、と感じることがよくあった。これも警察官の「熟練の技」ゆえのことだったのだろうか。
 それ以前にバンコクは公共交通機関の整備が遅れており、バンコク中心部へはBTS2路線、MRT1路線で行くことができるのみだ。故に郊外から車で出社する人、あるいは工業団地へ車で行き夕方に帰ってくる人が作り出す渋滞が激しい。雨の時に渋滞がより激しくなるのはかつての上海のようだ。パークアンドライドのような試みも提唱されたようだが、郊外との行き来は仕方がないにせよバンコクの中での移動に役立つ公共交通機関が発達しないと渋滞は解消しないのではなかろうか。

朝日新聞の記事:(世界発2019)渋滞のバンコク、脱「警官の勘」 日本の自動信号システム導入
JICAのウェブサイトから:モデル地域交通管制システムの構築を通じたバンコク都渋滞改善プロジェクト

|

« チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット | Main | 台湾・北海高爾夫鄉村俱樂部 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット | Main | 台湾・北海高爾夫鄉村俱樂部 »