« 地下鉄の踏切~東京メトロ銀座線・上野あたりにて~ | Main | The Royal Bangkok Sports Club »

2020年3月29日星期日

『ザ・プロファイラー テレサ・テン』

 1か月以上前に録画したNHK-BSの番組『ザ・プロファイラー テレサ・テン』を改めて観た。
 彼女の生涯については番組でも参考にされていた書籍『テレサ・テン 十年目の真実 私の家は山の向こう』を2年前に彼女の終焉の地であるチェンマイのThe Imperial Mae Ping Hotelを訪れた時に読んでおり、司会の谷原章介氏が「彼女の歌は知っているけれど、人生はよく知らない)と言っていた通りで彼女の人生を改めて映像でたどることができた。
 番組では、『~十年目の真実~』でページを割いた人生後半のフランス人との恋愛やチェンマイでの日々は短く触れるに止め、日本でのデビュー、その日本での活動時に偽造パスポートを使ったことで国外退去になること、処分中に滞在したアメリカでの婚約とその解消、そして日本で再度成功を収めることに時間を割いていた。そして中国でのコンサート打診、天安門事件で学生を支援する歌を歌ったことにも触れていた。
 上記した参考文献ではテレサ・テンの心情を代弁する歌として『私の家は山の向こう』を取り上げていたが、番組ではそれに加えて中国を離れて住む華僑や華人たちが聞くと故郷を思うという『梅花』を取り上げていたのが印象的だった。書籍ではテレビでは触れられていないことを知ることができ、テレビでは書籍では印象に残らなかったところにフォーカスを当てていてそこが印象に残り、番組を観て彼女の人生をより深く知ることができた。
 また本で触れていた『私の家は山の向こう』、現代は『我的家在山的那一邊』も映像や音で聞くとこういうことだったのかと印象に刻まれる番組だった。『梅花』同様に故郷を思うこの歌の歌詞の一部を変えて歌い、集会には「民主萬歳」と書かれたハチマキをして参加していたのも分かった。その年の日本のコンサートで「私はチャイニーズ」と言っている姿に触れており、中国で起こった出来事に心を痛めている姿が伝わったが、彼女のアイデンティティはどこにあったのか気になるところだ。番組では「中国を愛していたのでは」としていたが、台湾で外省人の家庭に育ちアメリカで『梅花』を歌ったテレサ・テンにしてみれば番組の短い言葉ではまとめられない思いがあったのではと思う。
 テレサ・テンが亡くなった1995年から25年、彼女のお兄さんは存命で思い出を語っていた。彼女も生きていたらまだ60代なのだが、彼女自身から思いを聞くことができないのは残念だ。

|

« 地下鉄の踏切~東京メトロ銀座線・上野あたりにて~ | Main | The Royal Bangkok Sports Club »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地下鉄の踏切~東京メトロ銀座線・上野あたりにて~ | Main | The Royal Bangkok Sports Club »