« 『テレサ・テン名曲熱唱~没後25年目の真実~』 | Main | フワタケー・マーケット »

2020年6月15日星期一

『世界ふれあい街歩き~チェンマイ~』

 先月録画したテレビ番組、『世界ふれあい街歩き』のチェンマイ編。初放送は2018年3月とかで、私がタイにいた頃の、そして駆け足ながら訪れた時期と相前後するチェンマイだ。
 観光名所を触れるのではなく、通りで見かける光景やそこにまつわる人達との短い話から街への親しみが深まっていく番組の作り方はいつもながらさすがだ。市場で「徳を積むために放流する」ために売られているナマズを買って旧市街を囲む堀に放つ女性や、道行く人のために水を入れた壺を設け余った水を草木にあげる人に出会い、画面の端々に現れる仏教国ならではの風景には敬虔な仏教の教えが根付くゆったりとした時の流れを感じ、他方で海外からの観光客や定住者が多いこの地で洋書店を開く人、現代アートをカフェで披露する人や女性専用のムエタイジムで汗を流す人には現代のチェンマイを感じる。


P7172830
 番組に出てきた中で私も見たことがある風景も少々出てきた。番組の途中で「チェンマイに来たら訪れてほしいところ」として、チェンマイでラーンナー王国を築いたメンラーイ王とその両脇に立つパヤオ王国のカムムアン王、スコータイ王国のラムカムヘン王の像。旧市街の公共施設にて。







Dsc_0827_r  チェンマイの乗り合いバスとして紹介されていたのは、トラックの荷台に屋根と座席を設けた乗り物。他の地域だとソンテウと呼ばれるこの乗り物、チェンマイでは皆赤く塗られていることからロットデーン(赤い車の意)と呼ばれている。乗合で決まったルートを走ったり乗合客の求めに応じてあちこち寄ったりする走り方もあれば、GRABで呼ぶなどしてタクシーのように使うこともできる。

Dsc_1350_r テレサ・テン終焉の地であるThe Imperial Mae Ping Hotel、そしてその中にあるテレサ・テン博物館も紹介されていた。

Dsc_1753_r 番組冒頭に出てきたチェンマイの街並みと向こうに見える空はこのホテルか、あるいは付近のホテルから撮った眺めだろう。写真は私がThe Imperial Mae Ping Hotelを訪れた時に撮った写真。番組で見えた、茶色の尖った屋根が並ぶ建物に見覚えがある。
 『世界ふれあい街歩き』もロケができないのか、音声の収録ができないのか、ここ最近はかつて放送した番組の再放送だ。しばらくは訪れるのが難しくなった海外の街を、この番組を観て歩いた気持ちになりながらいつの日か訪れたり、訪問の敷居が低くなることを願いたいものだ。

|

« 『テレサ・テン名曲熱唱~没後25年目の真実~』 | Main | フワタケー・マーケット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『テレサ・テン名曲熱唱~没後25年目の真実~』 | Main | フワタケー・マーケット »