« 2020年8月 | Main | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月26日星期六

誠品生活日本橋

Dsc_3401  日本各地のアンテナショップが集まる日本橋、そこに建つ室町テラスの2階は「誠品生活日本橋」、誠品書店を始めとして台湾の「誠品」の世界が広がるショッピングエリアになっている。

Dsc_3402 エスカレーターで2階に上がる。ロゴは台湾の誠品と同じ書体だ。

Dsc_3685  フロアガイドには「日台文化交流のPlatform」と記されている。
 並んでいる商品は必ずしも台湾由来という訳ではないのだが、「誠品」の名の付く店のみならず何かしら台湾との繋がりがあったり、台湾の誠品を彷彿とさせるコンセプトのテナントなようだ。

Dsc_3662 中央通りに面したフロアの1/4を占める誠品書店。台湾に関する書籍のコーナーや、テーマを決めて台湾からの輸入書を並べているが、台湾関係専門という訳ではなく普通の書店。普段使いには十分な書籍数だと思う。棚の書籍ジャンルを紹介するプレートの自体が、やはり台湾の誠品書店と同じだ。
 台湾の誠品書店ではフロアに座って本を座り読み?する人が多いが、この誠品書店では中央通り沿いの窓の前がベンチになっていて、やはり本を読むことができる。

Dsc_3686 誠品生活市集。食品や食器など日本各地の特徴ある品ぞろえに加え、台湾の+ビールやビーフンなど台湾の食品も並ぶ。黒松沙士も置いてある。台湾ビール小罐が360円+税なのはまだしも、台湾の地ビールの小さな瓶が1,000円するのはちょっとお高いか。
 ここでは台湾の有名な調理家電、大同電鍋も売っている。前述した誠品書店の台湾関連書籍コーナーの壁には、大同電鍋にまつわる年表が描かれており、ぐでたま等最近のキャラクターとのコラボレーションなどが紹介されていた。

 他にも台湾料理や台湾茶の店があったり、「誠品文具」で個性的な文房具を紹介していたり、手ぬぐいやガラス細工等東京の文化を発信する店があったりする。台湾にもなかなか行きにくい状況だが、ここに行くと少しは台湾の誠品書店に立ち寄った気分になれるのではなかろうか。

誠品生活日本橋のウェブサイト

| | Comments (0)

« 2020年8月 | Main | 2020年10月 »