スポーツ

2018年10月9日星期二

Singha Park Khon Kaen Golf Club

 2か月ほど前のことになるが、バンコクから飛行機で1時間、タイ東北部イサーンの主要都市であるコーンケンにあるSingha Park Khon Kaen Golf Club シンハ・パーク コーンケン ゴルフクラブでゴルフをしてきた。

Img_0432

 プロショップの入口にはこんなゴルフクラブを振り上げる日本人形が。
 シンハービールの資本によるゴルフ場だが、特にビールの図柄に因んだウェアや帽子などはなかった。タイのゴルフ場ではホールインワンをするとシンハービールをあしらったキャディバッグをプレゼントすると謳っているところが多いが、そういうものも売ってはいなかった。




Img_0407

Img_0412

 コーンケンの大地に広がるコースで、起伏は少なく水も極端に多いわけではない。バンコクの高級ゴルフ場に相当するようなきれいなフェアウェイとグリーンだ。




Img_0424

Img_0430

 グリーンの旗はシンハービールの製品のマーク。左が同社の炭酸水、右は別ブランドのLEOビールのマーク。





Img_0410

 アップの写真は撮れなかったが、シンハービールの商標の旗も。








Img_0422

 このゴルフ場はシンハービールの工場の隣にあり、途中にその工場を横目に見るコースもある。








Img_0406

 よく整備されたゴルフ場だと思うが、如何せん客が少ない。クラブハウスでも自分の前にロッカーキーを受け取った署名は10人くらいだったし、コースでも前後の組は見えない。プレーをするには快適なのだが経営が持つかどうかが気になるところで、これはシンハ―の財力で持っているという感じだろう。プレー後のレストランもプレーヤーは少なく、行ったときには近所の人だろうか家族の食事会をしている一団がいた。
 人が少ないのでコースにいる犬ものんびり。
・Singha Park Khon Kaen Golf Clubのウェブサイトはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018年8月31日星期五

Kamphaeng Phet Akarayothin Golf Course

 普段取引先や知人と行くゴルフとは別に、思い立ったら行くことができる気楽なゴルフ場を求めて、インターネットで検索して見つけたKamphaeng Phet Akarayothin Golf Courseなる9ホールのゴルフ場へ。名前にKamphaeng Phetがつくがタイ北部のカムペーンペット県にあるわけではなく、バンコクから西にタクシーで1時間程走ったところにある、サムットサコーン県にあるゴルフ場だ。
 軍の駐屯地の中にあるようで、入り口には大きな銃を構えた兵士が待ち構えていた。
 インターネットで偶然見つけたというのは、距離測定器のShot Naviでこのコースの距離も計測可能とかで、さぞそれなりのゴルフ場かと思って行ったのだが…

15356520061330

 1番ホールのウェアウェイはこの通り、芝が生えておらず地面がむき出しだ。あまりにも手入れがなされていない。他のゴルフ場だと土の上から打つ(打たざるを得ない)のは大きくフェアウェイを外して林の中などから打つときくらいだが、ここではウェアウェイがこの有様だ。




15356520341751

 2番ホールからは少しまともになった。手入れが良いとは言えないが、他の9ホールコース並か少し良くない程度だとは言えるだろう。







15356520622122

 軍の敷地内ということからなのか、茶店では迷彩服を着た兵士と思しき人が飲み物や食べ物を売っている。








15356520885713

 途中のホールの横にはサッカーのゴールが。運動施設を詰め込んだ感じだろうか。それにしてもゴルフボールが飛んでくる環境は危ない。







15356521101584

 ティーグランドでの距離ティはいくつか設定があるのだが、そこには1つしか距離ティがない。しかもホールによって色が違うので、合計の距離がわからない。







15356521375465

 更に言うと、コースの周りを道路が走っていて、車やバイクが普通に走っていく。打ち損じて車やバイクに乗っている人たちにボールを当てることがないか心配だ。







15356522053307

 このゴルフ場には何かが足りない、と思ったらバンカーがないことに気付いた。と言うか、バンカーに砂が入っておらず普通にアプローチをすることができる。







15356521641166

 コースの中心には昔日タイで名を馳せた人の銅像が。おそらくラーマ5世像だろう。
 おそらくここで働く軍人らの娯楽用のコースであり手入れはそれなりなのだろう。キャディもいるのだが、私が行ったときには人がいないのかクラブハウス(と言える大したものではないが)にいた受付の男性が電話で知り合いの男性をを呼んできてキャディの役割をさせていた。
 ゴルフ場としては再度行こうとは思わないが、軍の駐屯地ということで敷地内で生活できるようになっているのだろう、宿舎や小学校と思しき学校、そして(所謂茶店ではない)売店を敷地内で見ることができた。敷地内で暮らせそうというのは中国の大学のようだ。もっとも、これらを見たのはプレー後に水を買おうと思ったら冷蔵庫を管理する人がおらず鍵がかけられていてやむなくバイクの後ろに乗せられて移動したからであって、やはりゴルフ場としてはなってない感じだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018年4月16日星期一

Chieng Mai Gymkhana Club -タイ最古のゴルフ場-

Img_0318

 タイで最古のゴルフコースはチェンマイにある。ここChieng Mai Gymkhana Club チェンマイ ジムカーナ クラブは1898年設立、今年で設立120周年だ。
 このチェンマイ ジムカーナも9ホールのゴルフ場だ。18ホールあるゴルフ場でタイ最古のものは、ホアヒンにあるRoyal Hua Hin Golf Courceになる。





Img_0322

 チェンマイ ジムカーナはチェンマイの中心地から西側の程近いところにある。チェンマイの国鉄駅が近い。
 クラブハウスの入口。質素な造りだ。








Img_0311

 1週間ほど前からクリケットの試合があるとかで、その間7~9番ホールはその試合会場になっており閉鎖。1~6番ホールを3回まわる変則的なプレーになった。
 写真は1番ホール、並んだ木々が左右を遮る。左の木の向こうは6番ホール、1番ホールとは逆にこちらへと戻ってくるコースだ。
 この日は途中まで北京から来たという旅行者とラウンド。けっこう遅い時間から来てプレーする人もいて、ここもチェンマイ在住の人が思い立ったら来てプレーできるところなのだろう。

Img_0296

Img_0297

 水に邪魔をされるところは少ないイメージだが、3番ホールはやはり木々に挟まれた狭いフェアウェイの真ん中にクリークが流れ、4番ホールはティグラウンドから池を越えて打ち下ろすショートホールだ。



Img_0298

Img_0299

 5番ホールは2番ホールのウェアウェイの脇にティグラウンドがあり、隣のホールの球に当たらないよう金網の中からのティショットだ。
 正面の木が行く手を遮る。





Img_0302

 その木には、サルスベリのような花が咲いていた。










Img_0312

 前述の通り1~6ホールを3回まわってこの日のプレーは終了。1番ホールのティグランド脇には服装に関する掲示が。








Img_0314

 やはり1番ホール脇、スターターの上には歴史を感じさせる木がある。太い枝が横に長く伸びていて、折れないように下に支えを付けているほどだ。








Img_0320

 コースの一部を塞いで行われていたクリケットの大会。1週間くらいの期間で開催されたようだ。この日が最終日で、2日後から9ホール全てがゴルフで使用可能になるとのことだった。
 このチェンマイ ジムカーナ、イギリス人が作ったとかで、ゴルフだけではなくクリケット・テニス・スカッシュもできるようだ。クリケットは上述の通り、テニスはテニス場が駐車場の脇にあった。こうしたスポーツを通じた社交場のようなところだったのだろう。


Img_0310

Img_0317

 クラブハウスの1番ホールを望む側には、オープンエアのレストランがある。タイ料理や西洋料理を頼むことができ、メニューには日本語が付されている。室内のレストランはメンバー専用のようだ。
 ビジターでもプレーフィー+キャディーフィーで18ホール450バーツと格安なのだが、メンバー以外にはロッカーがないのが不便なところで、このレストランに荷物を預かってもらった。
 9ホールで2,909ヤードのこのコース、全てのホールをプレーすることができなかったので、また訪れて9ホール全てをまわってみたいものだ。
 Chieng Mai Gymkhana Clubのウェブサイトはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Stardome Golf Club @チェンマイ

15238128447147

 最近バンコクで9ホールのゴルフコースに予約なしで行くことがあるが、同じようにチェンマイにある9ホールのゴルフ場にもチャレンジしてみた。もっとも、ゴルフ場はさておきバンコクからだと飛行機の予約が必要なので、気が向いたらフラリと行く、というのとは少し違うかもしれないが…
 4月初旬の休みを使って向かったのは、チェンマイ空港から目と鼻の先にあり、市街地に向かう途中にあるThe Stardome Golf Club。プロモーション中とかで、18ホールカート付き、キャディフィー込みで1,000バーツだった。


15238126867531

15238127050142

 殆どのホールで水が絡む造りになっていて、一打目の落としどころが狭いホールが多い。







15238130196860

 空港に近い、と言うか滑走路の斜め先にあるゴルフコースということで、この日はチェンマイ空港を離陸する飛行機をひっきりなしに見ながらのラウンドだった。








15238127779534

 ショートホールはやはり2つとも水を意識しながらのショット、これは5番ホールだが右はウォーターハザード、ショートするとバンカーということで2回ともオーバーして奥の木に打ち込んでしまった。
 9ホールで白ティから3,114ヤードと距離もそれなりにあり、落としどころが水やバンカーで狭まっていて簡単ではない。





15238127966415

 チェンマイに住んでいる日本人や欧米人が来て1人やら2人やらでプレーしているのが多かったような感がある。チェンマイに住む人はやはり気の向くままにここに来てプレーするのだろう。
 中にはタイ人の5人打ちも。そんな組が前にいたらそのホールは飛ばして他のホールへ行き、後でそのホールをプレーすることができる。




15238128180676

 ゴルフコースの脇には2階建ての練習場が。その奥にはゴルフショップが並んでいる。









15238128805209

 洒落たレストランもあり、ステーキなど肉料理を食べることができる。この他にコーヒーショップなどがある。
 さすがにチェンマイにふらりと行く訳にはいかないが、住んでいたらWalk-in(予約なしのプレー)ができるコースとして通うだろうなぁと感じるゴルフコースだった。

 The Stardome Golf Clubのウェブサイトはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018年2月5日星期一

Kantarat Golf Course -空港の中のゴルフ場-

Dsc_0835

 バンコク・ドンムアン空港には、2本ある滑走路の間に造られたゴルフ場がある。そのゴルフ場、Kantarat Golf Course カンタラット ゴルフコースに行ってきた。空港の滑走路の間にあるゴルフ場は他にはないだろう。
 ドンムアン空港の手前の道を折れ、銃を持った兵士が待ち構えている検問所を通ってクラブハウスへと向かう。空港の中にあるこのゴルフ場は空軍の持ち物だ。




Dsc_0796

 クラブハウスは最近別の場所からコースの端に移して新しく作られたようだ。休日はプレーフィー700バーツ+キャディーフィー300バーツの合計1,000バーツでプレーすることができる。プレーフィーの支払時にパスポートの提出を求められ、タイの運転免許証を出したところそれでO.K.だった。
 受付の人に聞いたところ、タクシーでの来訪はダメとのことだった。




Dsc_0799

 ロッカールーム。タオルは無料だった。










Dsc_0836

 クラブハウスからコースに向かうときに、空港のような荷物検査やボディチェックがある。両者は通りを隔ててフェンスで仕切られていて、このチェックの後にフェンスの中のコースに入る。
 この日は予約なしで行ったが、やはり予約なしで来ているタイ人とのジョイントになった。





Dsc_0803

 1番ホールは、2本ある滑走路のうちの1本の突き当りを横切るような格好で進んでいく。写真の右側が滑走路の行き止まりで、その先には軍用機と思しき飛行機の格納庫が見える。そのせいか、この滑走路にカメラを向けることは不可であった。
 のみならず、もう1本の旅客ターミナル側の滑走路や、途中で横断しなければならない誘導路やコースを横切る道などの写真を撮るのも不可と、キャディに言われた。
 アングルを気にしながら1番ホールを写真に収めたら、離陸していく飛行機が見えた。
 この1番ホールでは、離陸したばかりの飛行機が頭上を通っていく。INの17番ホールのグリーン上でもそうだった。

Dsc_0810

 2番ホールから8番ホールまで滑走路に沿って進んでいき、9番ホールで折り返して戻ってくるというのがこのコースの全容だ。途中3番ホールと15番ホール(だったと思う)が終わった後で誘導路を横切る。飛行機が通る場所を歩いて横切ったのは3年余り前にジブラルタル空港の滑走路を跨いでジブラルタルに出入りして以来だ。
 コースの両脇を飛行機が頻繁に離着陸し、大きな音を立てて走っていくのだが、前述の通り滑走路に向けた写真撮影はダメとのことで「空港の中」であることを思わせる写真はない。


Dsc_0812

 警備が厳重なせいか?タイのゴルフ場によくいる犬はここにはいなかった。その代わりという訳ではないが、ティーグラウンドでは鳥が佇んでいた。「空を飛べる」鳥が空港にあるゴルフ場には似合うのだろうか。







Dsc_0826_2

Dsc_0818_2

 滑走路の間にあるゴルフコースなので、平らなホールが続く。フェアウェイの中央に木を配したり、ティーグランドのすぐ前に何本も木を並べたりして難しくしている。突然池があるホールもあったが水が効いたホールは少なく、滑走路を離れた17番が池越えのショートホール、18番もグリーン前にクリークがある。
 コースの状態は正直今一つで、グリーンもとても遅い。以前訪れたRoyal Irrigationの方が、9ホールとはいえ整備状況は良いような気がする。

Dsc_0834

 ティーグラウンドの位置を示すマークは蛇のデザイン。









Dsc_0829

Dsc_0828

 このゴルフコース、OUT/INで往復するコースと言うこともあるが茶店が頻繁にある。特にOUTでは殆どのホールでなにがしかのどを潤したり小腹を満たしたりすることができるような気がする。OUTを回っている時はたくさん茶店があるな、軍のコースだからサービスが手厚いのかと思ったが、INと共通な茶店もあるところもあろう。
 写真はINで気付いた茶店、30バーツでタイカレーなどにありつくことができる(ご飯は別勘定かも?)。茶店では水が10バーツ、ジュースが20バーツ、ビールは50バーツと他のゴルフ場より財布にやさしい値段設定になっている。
 クラブハウスのレストランもしっかりしたものであり、美味しいタイ料理にあり着くことができる。
 コースの状態や轟音を聞きながらのゴルフはさておき、エアアジアやノックエアはじめ様々な塗装の飛行機を見ると、またどこかに旅に行こうかという気にさせてくれるゴルフ場だ。飛行機や乗り物好きには一見の価値があるし、コースの状態は廉価なローカルのゴルフ場として割り切ることもできよう。

Kantarat Golf Courseのウェブページ。バンコク近郊にタイ空軍が持つゴルフコースにはもう1つDhupatemiya デュパテミヤというコースがあり、共通のウェブサイトになっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年12月12日星期二

Royal Irrigation Department Golf Course

Dsc_0282

 以前記したAIT Golf Club同様、予約なしで気軽に行って9ホール楽しめるゴルフコースが他にもある。「Royal Irrigation Department Golf Course」というこのコース、名前からしてタイの役所(灌漑局、というのだろうか)が持つゴルフコースを一般開放しているようだ。バンコク市内からだとタクシーで250バーツ+高速代くらい、ドンムアン空港の西側少し離れたところに位置する。
 9ホールプレー、と書いたが、電話で確かめたところ普段は9ホールx2の18ホールプレーするのが原則で、昼の15時以降に9ホールのプレーが可能になるとのこと、ウェブサイト上の案内もそのような料金体系になっている。 週末だと15時以降の9ホールプレーはキャディフィー込みで400バーツと格安、週末の18ホールも750バーツと廉価にプレーすることができる。
 「ดงตาล ณ รำเพย」と書かれたレストランの看板が目印だ。右側がクラブハウスになっていて、料金を支払ったり着替えをしたりする。
 完全にタイベースのゴルフ場で、日本人でここを知っている人は少ないだろう。プレーしている人もタイ人ばかりで、日本人や西洋人はいなかったように見えた。

Dsc_0284

 クラブハウスの裏手。釣り糸を垂れている人もいた。










Dsc_0289

 日によってコースやグリーンを使い分けて変化を持たせるようで、火・木・土・日曜日のコースを「Old Cource」、水・金曜日のコースは「New Cource」と称している。
 この日はタイ人の12歳の女の子とコーチ役の父親とのジョイントだった。この女の子に、ドライバーの飛距離で置いて行かれてしまった…毎週ここで親子でゴルフをしているとの話だった。



Dsc_0296

 週末にプレーする「Old Course」、このコースは白ティがいちばん長いのだが距離が3,380ヤードと結構ある。パー5は563ヤードと575ヤード、ただ水が効いているホールは少ない。







Dsc_0297

 距離は長いが平坦なコースということで、グリーンを緩やかな砲台にして手前や脇にバンカーを配したり、ホール間の境目にクリークを配したりして難易度を上げているところもある。







Dsc_0300

 数少ない水が効いている6番ホール、ティショットが池越えのロングホールだ。









Dsc_0308

 15時過ぎにスタートということで、8番ホールあたりになってくると日が落ちて暗くなってくる。









Dsc_0314

Dsc_0318

 営業が終わったホールでは子ども達が玉蹴りに興じたり、仕事の終わったキャディとだろうか芝生の上でくつろいでいた。






Dsc_0321

 先述のレストラン。メニューは全てタイ語なので、タイ語が読めない向きには名前のわかる料理を思い出して頼むしかない。








Dsc_0306

 予定をしっかりと立てて行くゴルフも親交を深めるに良いが、思い立ったらすぐプレーというのも良いのでは、と思う。

 Royal Irrigation Department Golf Courseのウェブサイト(英語・タイ語)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年11月25日星期六

AIT Golf Club

Img_0135

 タイではお付き合いなどで週末ゴルフの機会が多い。ゴルフをするとなると、予め一緒にプレーする相手を誘うかお誘いを戴き、ゴルフコースのブッキングもしておき、足の手配もつけておき…というように、予め手配を進めておいて予定を組んでおく、ということが多い。
 そうではなく、思い立ったらすぐ行ってプレーする、逆に気分が乗らなかったら行かない、というようなスタンスでプレーするのがあってもいいのでは、と思う。
 思い立ったら1人でも予約なしでゴルフ場に行き気軽にプレーする、Walk-inでプレーすることに躊躇がないゴルフ場の1つが、バンコクの北にあるAIT Golf Clubだ。
 バンコク市街地から北に走り、ドンムアン空港を越えてパポンヨーティン通りを北に走ったところに、AIT Golf Clubはある。バンコク市街地からだと車で50分~1時間、タクシーだと400バーツ強だ。

Dsc_0087

 AITはAsian Institute of Technologyの略で、大学所有のゴルフコースが一般に開放されているということだ。
 プレーフィーは週末9ホールはキャディフィー込みで540バーツ、18ホールは740バーツで、かなり廉価にプレーできる。
 このAIT Golf Clobは9ホールのゴルフコース、18ホール回る場合は9ホールを2回回ることになる。
 ゴルフの敷居が高い理由の1つに、18ホールのプレーが一般的なことがあると思う。18ホールだとプレーだけで4時間近くはかかるので、気軽にプレーという感じがしない向きもあるだろう。ここは9ホールだけでもプレーできるのでその点は良いと思う。物足りないと思うときやじっくりプレーしたいときに18ホールプレーすればよい。

Img_0111

Img_0112

 白ティで9ホール2,870ヤードと短めのコースだが、しっかりとパー36.スタートホールの1番ホールはいきなり520ヤードのパー5だ。コースの真ん中にクリークが、グリーン周りには水とバンカーがあり、幅も狭く難しいホールだ。

Img_0117

 これは3番ホール。緩やかだがドックレックになっている。








Img_0119

 2つあるショートホールの1つは5番ホール。90ヤードだが狭い。







Img_0121

 距離が短めということからか、グリーンの周りに水やバンカーを絡めたコースが多く、転がしてグリーンを目指すことができないホールが多い。
 グリーンは傾斜が効いているところが多い一方でとても遅く、他のゴルフ場に行くと調子が狂いそうな感じだ。
 写真は6番ホール。



Img_0122

 7番ホールは左ドックレック、フェアウェイの中心に木がそびえ立ち行く手を邪魔する。さらにクリーク越えが必要な盛り上がったグリーンは傾斜がきつい。






Img_0123

 もう1つのショートホールである8番ホール。110ヤードだが手前は水、奥は草叢さらに車道なのでここも正確に打って傾斜の厳しいグリーンを目指さなければならない。






Img_0128

 クリークがコースの中を横切っていて、1番・4番・9番ホールの真ん中に横たわり行く手を遮り、コースの端にある前述した5番ホールのグリーン手前までまっすぐ伸びている。






Img_0131

 ここAIT Golf Clubではタイの人達が思い思いに、それこそ気軽にプレーを楽しんでいる。プレーをしていて前の組に追いつくとそんなタイの人達とジョイントになることもある。1人で回っていると後半の3ホールくらいでそんなことになることが多い。
 タイではカートはプレーヤー1人に1台というゴルフ場が殆どだが、ここでは2人で1台も可。この日追いついたのはおそらくタイ人の夫婦だろう、キャディが後ろに乗ってプレーヤーのうち1人が運転していた。
 以前拙ブログで触れたRoyal Dusitよりは「ゴルフ場らしい」コースと言えよう、何度も書いているように思い立ったときに行って気軽に楽しめるゴルフ場だ。
※とはいえ、ここでコンペをやることもあり、1回「今日は9ホールだけ」と言われたことがあった。コンペの有無など予め電話で確認したほうが良いかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年6月19日星期一

Royal Dusit Golf Club ~競馬場の中のゴルフコース~

 以前バンコク中心部にある競馬場の中にあるドライビングレンジに行ったという話を書いたが、その競馬場の中にあるゴルフコースへ行ってきた。

Img_0065

 この競馬場の中にあるゴルフコース~Royal Dusit Golf Club ロイヤルドゥシットゴルフクラブ~は、ペッチャブリー通りを西に走ってBTSやタイ国鉄の線路を越えてピサヌローク通りに入ったところにある、パー65、4,330ヤードの短めのコースだ。予約なしでもプレーすることが可能で、今回も予約なしの旨を告げてフレーフィー600バーツ+キャディフィー400バーツの合計1,000バーツを受付で支払った。
 1番ホールへは、競馬場のコースを横切って向かう。




Img_0067

 競馬場のダートがバンカーになったり、水がクリークになっている場所もある。









Dsc_1988

 スコアカードに書かれているコースレイアウト。レースをするレーンの内外にうまくコースを組み合わせている。









Img_0074

 1番ホール。ドライビングレンジを横目に見ながら、競馬場の真ん中を縦に打っていく。
 レーンの中の広い敷地にグリーンの旗がいくつも見えるので、どのグリーンを目指すのか確かめながらのラウンドだ。







Img_0078

 2番ホールは、バックストレッチに沿って進んでいくパー4のホールだ。パー3が多いが、ここのようなパー4もあり、1つだけだがパー5もある。








Img_0079

 3番ホールは、ドライビングレンジとホームストレッチの間を進んでいく。ウォーターハザードがこのようにコースのところどころに配されている。








Img_0080

 競馬場の中にコースを詰め込んでいるので、あっと思うホールも。4番ホールはショートホールだが、ダート(ゴルフ的にはバンカー)と競走レーンを越えて、観客席隣のグリーンを狙う。







Img_0086

 このコース唯一のパー5は、バックストレッチの外側に沿って進む8番ホール。左側の森とレーンに挟まれた狭いホールだ。正面に見えるバイヨーク・スカイを目指して進んでいく。
 レーンにボールが入った場合、そのまま打っていいところとそうでないところ(芝生を保護しないといけないところ)があるようだ。





Img_0089

 茶店はこの8番と9番の間(12番のティーショット付近でもある)、そして14番ホールの横にある。あまり客も入っていないのだが、商売成り立つのだろうか。








Img_0090

 競馬で使うスタートゲート、発馬機。










Img_0099

 16番ホールもティーグラウンド前に水が広がる。競馬場のコーナーに沿って進むホールは300ヤード。









Img_0104

 この日は9番ホールまで進んだところ前の組に追いついたので、Inは13番~18番と回ったあとで残りのコースを回った。最終ホールになった12番ホールはレーンの柵を越え、ダートとクリークを越えて進んでいく。
 グリーンは全体的に遅いのと、少し盛り上がったグリーンがいくつかあった。





Dsc_1982

 観客席の脇にあるレストランは、この時だけかもしれないが出せるのはカオパット(チャーハン)だけとのことだった。
 コースの整備状況も今一つで、ロッカーや食堂も他のゴルフ場に比べると劣るのは否めないが、予約なしで来て、前後の組を気にすることなく気軽にプレーできるのがこのコースのいいところだろう。競馬場の中でのプレーというのは話のタネになるし、練習がてらプレーするのも良いと思う。
 この日は1人でプレーして約2時間でホールアウト、午前遅い時間からのプレーだったが朝早くからプレーすればまだ1日を有効に使えるだろう。
 ただ、競馬開催日は朝9時までにスタートしないといけないとのことで、営業時間を確認してから来たほうがよさそうだ。

Royal Dusit Golf Clubのウェブサイト(タイ語のみ)

******

11015291_863972823677037_3625673663

 バンコクの「競馬場の中のゴルフ場」はもう1つあり、BTSラチャダムリ駅の目の前にあるRoyal Bangkok。まさに市街地の真ん中でこちらの方が目にする機会があり有名だろう。
 ゴルフ練習場などいろいろなスポーツ施設もあるそうだが、ここは完全なメンバー制。プレーするのは難しそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年5月28日星期日

サッカー AFCチャンピオンズリーグ2017 ムアントン・ユナイテッドv.s.川崎フロンターレ

 先日AFCチャンピオンズリーグ2017グループリーグの試合、ムアントン・ユナイテッド対鹿島アントラーズの試合を観たが、この2チームはともに決勝トーナメントに駒を進めた。
 決勝トーナメントの1回戦はホーム&アウェイで勝者を決めるのだが、ムアントン・ユナイテッドの対戦相手はやはり日本の川崎フロンターレだ。先の鹿島戦はバンコクの国立競技場での試合だったが、今回はムアントンの本来の本拠地であるSCGスタジアム(ACLではネーミングライツを外す必要があるので、サンダードーム・スタジアムと名乗る)での試合、BTSとバスを乗り継いで観戦に行った。
 バスがなかなか来ずスタジアムに着いたのが試合開始30分後だった。今回の席はバックスタンドの1階席だったが他のエリアも含めほぼ満員の入りで、遅れて着いた私は前列に座っての観戦だった。

Dsc_1721

 前半終了間際にタイを代表する選手の1人であるティーラシン・テーンダー選手のゴールでムアントンが先制、後半1点を追うフロンターレが中村憲剛選手のゴールで同点に追いつき、その後2点を追加して勝利に持ち込んだ。どのゴールも「混戦からのゴール」ではなくセンタリングやパスを受けた選手が振り抜いての綺麗なゴールで、前半1点がムアントン、後半3点がフロンターレと同じサイドでのゴールを全て目の前で観ることができた。
 フロンターレは中村憲剛選手に、負けはしたがムアントンはティーラシン選手にと両チームを代表する選手が鮮やかなゴールを決めたのもこの試合で印象深いところだ。

Dsc_1701

 バックスタンドからの眺め。スピーカーが視界を遮り、更にエリアを仕切る柵が逆サイドを見難くしているものの、サッカー専用スタジアムということでまずまずの眺めだ。
 この日の試合では、アウェー席はバックスタンドの2階、ここから振り返って仰ぎ見る場所に設定されていた。日本から来た人も多いのだろうか、ユニフォーム姿のフロンターレサポーターの声も良く聞こえた。




Img_0025

 後半40分頃にゴール裏に掲げられたフラッグ。「悪魔に魅入られたムアントンの選手」だろうか。








*******
 前述の通り、この日の試合はバンコク郊外ムアントンタニにあるSCGスタジアム(サンダードーム・スタジアム)での試合だ。BTSとバスを乗り継いで会場に行った。

Dsc_1672

Dsc_1675

 BTSの終点、モーチット(Mo Chit)駅でバスに乗り換える。SCGスタジアムは「IMPACT Arena」=インパクトアリーナという展示場などがある複合商業施設の近くにあり、モーチットとインパクトを結ぶ「インパクトリンク(Impact Link)」というバスに乗ればスタジアムの近くまで行くことができる。バス、と言ってもロットゥーに使われるような小型のバンだ。
 モーチットの4番出口の階段を降りると、インパクトリンクの乗り場に着くことができる。

Dsc_1676

 MRTのチャトゥチャックパーク(Chatuchak Park)駅の3番出口の近くでもある。









Dsc_1682

 平日の夕方でもあり利用者が列をなして(狭いので5列縦隊くらいで)待っているのだが、渋滞なのかなかなかインパクトリンクは来ない。待っている人の多くが文句を言わずスマホを弄って時間つぶしをして待っているのが印象的だ。スマホ好きのタイ人らしい風景だ。ムアントンのユニフォームを着た人も何人かいた。
 18時半頃にモーチットに着いたのだがインパクトリンクに乗ることができたのが19時20分頃、試合開始の19時30分には間に合わない。
 乗り場にはインパクトリンク以外にもロットゥーが通り過ぎて行くが、運転席の上に「Impact Link」と書かれたバンがそれである。運賃は32バーツ。

Dsc_1684

Dsc_1686

 インパクトリンクは、インパクトの中でも何か所か停まるが、「Impact Challenger」で降りてそのまま正面に向かって歩くとスタジアムに行くことができる。Impact Challengerまでインパクトリンクで30分程だった。
 ノボテルを横に見て前に進むと正面にスタジアムが見える。突き当たりのT字路を左に行くと目的のSCGスタジアムだ。
 帰りはスタジアムの出口で戦勝記念塔(アヌサワリー)まで行くロットゥーが客待ちしていたのでそれに乗って戦勝記念塔へ。ものの20分程で帰ってきた。
 帰りもインパクトリンクを使おうとする場合、22時までは行きと同じ場所の向かい側から乗ってモーチットへ帰ることができるようだが、22時を過ぎるとIMPACT Muang Thong Thaniなる別の場所から乗らないといけないようだ。
 他にも戦勝記念塔から166番のバスで行く方法もあるようだ。

ImpactのウェブサイトImpactへの交通案内(英語)
Jリーグウェブサイト→J's goalアーカイブ「【レッツゴー!ACL】アウェイへ行こう!日本から開催都市までのアクセス/5月のタイ・ムアントン編(13.04.26)」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年3月6日星期一

サッカー AFCチャンピオンズリーグ2017 ムアントン・ユナイテッドv.s.鹿島アントラーズ

Dsc_0611

 鹿島アントラーズの試合を観るのは6年振りだ。6年前に観たのもやはりAFCチャンピオンズリーグの試合、ホームの鹿島は東日本大震災の影響でカシマスタジアムでの試合ができず、東京の国立競技場に上海申花を迎えての試合だった。今回は鹿島にとってはアウェーの試合、ホームのムアントン・ユナイテッドはムアントンタニにあるホームスタジアムがガンズ・アンド・ローゼズのコンサートで使えず、バンコクの国立競技場(スパチャラサイ・スタジアム)にアウェーの鹿島を迎えての試合だ。いきさつはかなり違うが「ホームチームがホームグラウンドを使えず、国立競技場に会場を移してのACLの試合」というのが6年前に観た試合と共通しているところだ。

Dsc_0628

 アウェー席。タイの人達の応援は後半まで続かないのか、後半の応援はホームのムアントンに引けを取らない感じだった。
 試合は2-1でムアントンの勝利。開始早々ムアントンの攻勢が続き、鹿島のファウルが多い時間が続く。ファウルでないとムアントンの勢いを止められないのかと思ったところ、そのファウルで得たフリーキックからムアントンに先制点が生まれた。
 鹿島は後半開始早々に速攻から得点し同点とするがその後PKのチャンスを外し、そして後半ロスタイムにムアントンにゴールを許し万事休す。試合全体を通してムアントンは鋭いパスを出してボールを繋いでいたのに対し鹿島は連携がまだ熟してないのかパスが緩かったり選手が走っていないところにパスが出ることが少なからずあり、それをカットされて攻守逆転という場面が多かったように見えた。また連戦の疲れか移動の疲れかで鹿島は4番のレオ・シルバ選手のところでボールが収まらず、逆にムアントンは9番のスペイン人・シスコ選手が決勝ゴールも含めよく機能しているように感じ、それぞれの外国人選手が機能したかどうかが試合を分けた感がある。

Dsc_0640

 試合開始直前のムアントンのビッグフラッグ。後半ロスタイムの時もこのフラッグが出てきて、喜びを爆発させていた。








Dsc_0606

Dsc_0607

 バンコクの国立競技場はバンコク中心部にありアクセスが良い。
 入口の様子と、ボディチェックに掲げられた表示。一眼デジタルカメラは持込禁止だそうだ。おそらくACLのレギュレーションなのだろう。


Dsc_0596

Dsc_0646

 ムアントンには日本人選手が在籍している。清水・横浜Fマリノスや甲府でプレーした青山直晃選手がその人で、この日も90分フル出場。日本人としてタイのチームに身を置き、日本のチームを撃破するのに貢献である。
 BTS国立競技場駅で青山選手のユニフォームを着て会場に向かうサポーターと、試合後に青山選手のゲートフラッグを掲げる人と。

 試合のチケットは当地のチケットガイドであるTicket Majorで購入した。日本人とみるとアウェー席のみ購入可と言われたが、メインスタンド席は駄目なのかと聞いたところ電話で確認してくれて、「鹿島のユニフォームやグッズを身につけなければO.K.」とのことだった。「ムアントンを応援するのか?鹿島を応援するのか?」と繰り返し聞かれたが、これは日本もそうだがどちらかを応援せずとも気軽にサッカーを観に行けばよいのでは、と思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧