台湾

2017年3月10日星期五

『牯嶺街少年殺人事件』~A Brighter Summer Day~

 1991年の東京国際映画祭で披露され、翌年日本の映画館でも公開された台湾映画『牯嶺街少年殺人事件』、25年近くの時を経てデジタルリマスター版のDVDやBlu-rayがアメリカで『A Brighter Summer Day』のタイトルで発売されたので、Blu-rayをAmazon.comで購入した。日本でも今週からこのデジタルリマスター版が公開されるとか。
 1992年の上映当時私も映画館で観ておりクライマックスシーンはよく覚えているが、25年振りに観ることになる。実は去年のうちに買っていたのだが、この長作をいつ観ようかと思っているうちに時間が経ってしまい、ようやく観た次第だ。今回観たのは236分、約4時間に渡るバージョンだ。当時観たのもこの長さだったか、あるいは約3時間の短い版だったか。
 Blu-rayは中国語(台湾国語)の台詞に英語の字幕。長時間ということもあり観るのにエネルギーが必要だった。
 同時期のセンセーショナルだった侯孝賢の台湾映画『悲情城市』は2・28事件の時代に本省人が面した悲哀を描いていたが、『
牯嶺街少年殺人事件』の主人公である小四少年(スー)の一家は大陸から渡って来た外省人の設定。大陸から来た家庭の少年たちによる2つのグループの対立と抗争、気怠さが漂う学校生活、小四の父親に対する秘密警察の取り調べ、そしてこの映画のメインストーリーである小四と小明(ミン)との交流と悲劇的な結末、とこちらは外省人が過ごした厳しい時が描かれる。「本省人」「外省人」と書くと二極対立的になってしまうが、作中ではその点の強調はなく登場人物の人間模様を通じて1960年代の抑圧感を描いていると言える。
 ただわからないのが大学合格者をアナウンスするラジオ放送での終幕。ここに監督のエドワード・ヤンが込めたものは何なのだろうか。やり場のない感情を持ちつつ過ごした時代から、扉を開いていく期待が大学合格者のアナウンスに秘められているのか。

 この『牯嶺街少年殺人事件』、版権の都合でソフト化が困難と聞いていたが、アメリカでDVD化されたり日本で再度上映されたりと、事情はわからないがここ1~2年で再び陽の目を見ることになった感がある。

**********

Img_1999

Img_2004

 

11年前に訪れた牯嶺街。台北の国家図書館や中正記念堂の近くだ。






Img_2005

Img_1998

 「牯嶺街」の名が冠せられたバス停と、ここにある「牯嶺街小劇場」。後者は昔の警察署を利用した劇場だ。






**********
 この『牯嶺街少年殺人事件』=『A Brighter Summer Day』、小生はアメリカのAmazon.comから購入。一番安い輸送料で購入して到着まで1か月以上かかると言われたが、実際にはバンコクまで2週間で到着した。
 下画像は日本のAmazon.co.jpから(商品の紹介へのリンクです)。そのうち日本では日本語版も発売されるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年1月26日星期四

台湾・深澳線~平渓線に乗る(下)

 前回の続き。そのまま折返しの列車に乗り八斗子駅を出発。再びトンネルをくぐり海科館駅で下車。

P_20161229_125932

 駅から歩くこと5分くらい、車道を横切ると国立海洋科技博物館がある。海洋生物から船舶・港湾、環境、そして海をめぐる文化にまつわる展示があり、海に囲まれている台湾がいかにして海と付き合ってきたかがわかる博物館だ。1時間以上は見てまわって楽しむことができる。惜しむらくは交通の便が今一つのせいか人が少ないことだ。




Pc290061

 海科館を後にして、海へ向かって歩くと潮境公園。
 ここは8年あまり前にも訪れているが、その時も台風が近づいてくる頃で嵐の前の天気だった。冬の台湾ということでこの日も雲がたちこめる。
 当時書いたとおり、ここは台湾映画『練習曲』にも登場する。聴覚にハンディキャップを持つ青年が自転車で台湾を一周する中での人とのふれあい、そして台湾各地の風景が描き出される映画だ。映画の中で「博物館ができればこのあたりも変わる」という台詞があったようだが、列車が通った以外にはあまり変化はなさそうだ。

Pc290056

Pc290057

 公園から入り江を隔てて八斗子の駅がある方角を臨み、さらに海をも臨む。この日は波が高く海は荒れ気味だ。





Pc290062

 公園近くの漁港に停まる漁船。のどかな風景だが背景にはマンションもあり、市街地は意外と近い。








Pc290065

 潮境公園から海科館駅に向かう途中にある、「台湾水準原点」の碑。基隆港の海面高度の平均を斟酌し、「海門公園」に水準点を設けたことが記されている。この場所がその公園の跡なのだろうか。






Pc290068

 海科館や潮境公園を散策すること1時間余り、降りてから2時間後にやって来た列車に乗って直通している平渓線を目指す。
 途中の大華駅には、十分瀑布へ行くには十分駅で降りるように、そして線路は歩かないようにとの注意書きがあった。かつては大華駅で降りて線路沿いに歩いて滝を目指すことができたのだが、今は推奨されていないようだ。



Pc290073

 その1駅先の十分駅。列車の行き違いに10分程時間があったので降りてみたが、平日の夕方にもかかわらず人出が凄い。天燈節の日かと思うくらいの人出だ。
 10年前に訪れた時のような、静かな街並みは期待できないのだろうか。





Pc290072

Pc290071

 天燈節の日ではなくても、ランタンが空に舞い上がる。








Pc290082

Pc290080

 再び列車に乗り、終点の菁桐へ。このあたりはやはり台湾映画『台北に舞う雪』の舞台だが、駅の上に描かれていたペイントはなくなっていた。

 深澳線~平渓線と1日かけて沿線を散策するのも良い観光になるだろう。1日乗車券を使って『練習曲』『台北に舞う雪』、そして『悲情城市』に思いを馳せることができる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年1月1日星期日

台湾・深澳線~平渓線に乗る(上)

 今回日本に一時帰国するに際して台湾にワンタッチしたのだが、故宮博物院に行く前日は何をするか決めておらず行き先を考えていたところ、フォーカス台湾の「『台湾で一番美しい駅』 八斗子駅が開業」というニュースを目にした。八斗子と言えば8年余り前にやはり欧州旅行の際に台北乗継のついでに訪れたので記憶にあり、「美しい駅」との触れ込みが気になったので行ってみることにした。

Pc290015

Pc290020

 八斗子がある深澳線は、瑞芳駅が起点である。瑞芳駅前からは正面に瑞芳老街が伸び、食堂など小商店が並ぶ。





Pc290029

 深澳線は瑞芳~海科館の1駅間だけの営業だったが、2016年12月28日から1駅先の八斗子まで延伸。もともとは日本統治期の軽便鉄道に源流があり、その後深澳線となるも旅客輸送・貨物輸送が相次いで廃止された。海洋科技博物館の開業に合わせて海科館までの1駅区間が2014年に旅客営業を始め、そして今回の八斗子までの延伸がなった。
 昼間は平渓線と深澳線で直通運行をしていて、2本の盲腸線を直通で行き来している。
 平渓線方面から列車がやって来る。

 


 

 

 

 

Pc290031

Pc290032

 海洋科技博物館があり、海に縁がある深澳線に因んだであろうペインティングがされた車輛と、「台湾自行車節」のペインティングの車輛。





Pc290034

 日中直通運転をしているということで、深澳線・平渓線エリアの1日乗車券。深澳線・東部幹線の瑞芳~三貂嶺間・そして平渓線が1日乗り放題の切符で、1枚80元。
 この切符だが、「別途定める期間内」は日本の江ノ電の1日乗車券と引き換えが可能とのことだ。





Pc290037

 

 深澳線は瑞芳を出て海科館~八斗子と終点まで2駅わずか4キロ余りの路線だ。
 海科館を出て短いトンネルをくぐると、すぐに海岸線が姿を現す。





Pc290038

 八斗子駅のホームからも、海岸線そしてその先に広がる海が一望できる。








Pc290041

Pc290048

 この日はあいにくの曇り空、しかも駅開業2日目のせいか人も多く、「台北で一番美しい」姿になるのは春や夏の晴天で山の緑や海の青が映える時期だろうか。
 続きは後程。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台北・故宮博物院

Pc300143

 日本へ一時帰国する途中で台湾に立ち寄り、台北の故宮博物院が展示物の写真撮影が可能になったと聞いたので再訪することにした。
 代表的な展示品の1つである「翠玉白菜」。緑と白の玉に白菜の上のキリギリスやイナゴまで表現したこの作品は2年余り前に東京で特別展が開かれた時には見ることができなかったが、今回見ることができた。故宮博物院は嘉義に「南院」という別館が新たに設けられ、展示品は台北と嘉義で都度入替があるようで、日本で見た「肉形石」は訪問時は嘉義で展示されているとのことだった。やはり東京で見た「人と熊」も台北では展示されておらず見ることができなかった。
 撮影はフラッシュ禁止、自撮り棒など撮影器具の使用も禁止という条件で許可されている。展示品の記憶を訪問者の心に留めてもらうにはよい試みと言えるだろうし、故宮博物院の文物を世界に広く知らしめることにも繋がるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年8月25日星期一

特別展「台北 國立故宮博物院」

P8241740

 上野の東京国立博物館で開催されている、特別展「台北 國立故宮博物院」を観てきた。
 タイトルに「國立」の文字を付すかで当初議論があったが、むしろ「台北」と名のつく展示で中国史を振り返る、というのが不思議な感じがした。台北の故宮博物館の所蔵物は大陸から持ってきたものということもあり、何か台湾とは異質なものだと捉えていたが、この展覧会にまつわるNHKスペシャルで文物を戦禍から守り台湾に運ぶのに心血を注いだ人の話をみたこともあり、こうした文物がありまた故宮博物館が台北にあるというのも、また台湾なのだと改めて思った。
 展示の目玉である翠玉白菜の展示は7月初旬で終わっていて写真や映像で見るのみであったが、刺繍でできている掛軸の絵の美しさや宝物のミニチュアが詰まった「皇帝の玩具箱」紫檀多宝格といった精緻な作品の美しさもあり、文様のない青磁や白磁の何とも表せない色合いといったストレートに美しさを表したものもあり、中国王朝のコレクションに目を引かれる展示だった。翠玉白菜の代わりという訳ではないだろうが、展示の最後は上写真の案内にも写っている「人と熊」。清朝期の作品だそうで、「故宮の癒し系アイドル」と紹介文にサブタイトルが付してあったが、精緻さを求められる玉の加工の中に今日に通じるユルさ、ということなのだろうか。
 関東大震災の火の手から救った巻物の1つが故宮博物館に所蔵されていて今回来日を果たしたのだが、同じときに同じ人が火災から救った巻物がここ東京国立博物館に所蔵されているとかでこのタイミングにあわせて本館で展示するなど呼応した展示も。アジア館ではシルクロードから発掘された像や大谷探検隊の足跡に、シルクロードのテレビ番組を観て思いを馳せた頃を思い出したりで、この故宮にまつわる特別展以外にも常設展を観て心豊かに半日過ごすことができた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年7月12日星期六

映画『GF*BF』(原題『女朋友。男朋友』)

 先週のことだが、六本木シネマートで上映されていた『GF*BF』を観に行った。台湾では2012年夏に公開され、日本でも大阪アジアン映画祭やアジアンクィア映画祭への出品はあったが2年越しでの公開になる。ちょっと時間がかかっている感はある。

Continue reading "映画『GF*BF』(原題『女朋友。男朋友』)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年6月25日星期三

2014年5月・台湾(4)「かぐや姫」=「輝耀姫」

P5260568

 前回からだいぶ日が経ってしまったが、5月の台湾旅行で目についた日本がらみのものをいくつか。
 スタジオジブリの映画『かぐや姫の物語』の宣伝。「かぐや姫」は「輝耀姫」と訳されている。もともとの「かぐや姫」の名前の由来も諸説あるようだが、輝く竹から生まれてきた、という生い立ちが表された漢字である。台北駅のフードコートにて。





P5260566

 確か台北MRTの市政府駅から統一阪急や誠品書店に通じる地下道だと思うが、リンガーハットが進出していた。「ちゃんぽん」は「強棒麺」、「ちゃんぽん」の音が漢字で表されている。もっとも、「ちゃんぽん」そのものやその語源も中国由来説もあり、様々な文化を行き来した結果できた表現といえよう。





P5260417

 台北MRT公館駅で見つけた、QBHOUSE。NTD1=約3円とするとカット300元は日本の「1,000円カット」そのままに近い値段設定だが、台湾の人にとっては日本よりも高く感じるかもしれない。
 前はやはりMRTの駅で「100元剪髮」を見かけた記憶があるのだが、そちらのほうが感覚的には「1,000円カット」に近いか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年6月8日星期日

2014年5月・台湾(3)台湾大学と台湾師範大学

P5260424

 先月の台北滞在中は特にどこを見ようという予定は立てていなかったが、台湾大学と台湾師範大学の中をぶらぶらとした。まずは台湾大学の校門。








P5260433

 図書館へ通じるメインストリート。キャンバスは広く、自転車で構内を動いている人も多い。昼食時などにはカートも走っていて、教職員(や学生も、だろうか)の移動の便もあるようである。







P5260435

 日本統治期の台湾帝国大学ということもあり、当時の流れを汲む建物や、その雰囲気を伝える建物が多い。写真は文学院。








P5260446

 行政大楼。大学の事務施設とは思えず、花壇や噴水もあり宮殿のようだ。









P5260453

P5260456

 第一学生活動中心には、コンビニエンスストアや学食がある。学食には素食、自助餐やスパゲッティの店などが並ぶ。
 コンビニで店員が学生に向かって「同学」と呼んでいたのが印象的だった。



P5260455

 私もここで自助餐を食べた。単価は忘れたが、これでNTD90くらい。









P5260471

 学内には売店のほかにも屋台があり、屋台と言っても食べ物ばかりでなくNewsweekなど外国の雑誌を売る店もあれば、なぜかこのように人形を売る店も。

 「台大訪客中心」というウェブサイトもあり、訪れる際の案内に役立つ。





P5260509

 所変わって台湾師範大学へ。こちらは1946年の創立だが、日本統治期の台北高等学校の地に建つ。
 日本統治期には講堂だったという建物。








P5260517

 正面に建つ建物。以前ここを訪れたことがありその時は真っ先にこの眺めが目に入ったが、今回はMRTの台電大楼駅から歩いて行ったため正門ではないところから入り、久しぶりの眺めを見るまでは違うところに来たかと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年5月31日星期六

2014年5月・台湾(2)彰化扇型庫

 今回台湾を訪れて足を運びたかったのは、彰化にある扇型車庫。1922年に建てられた機関車の車庫をを手を加えてターンテーブルとともに現役で使っているのだが、工事の後今年の1月1日から公開というこどで、去年の年末に台湾を訪れたときは1日違いで見ることができなかった。公開再開となった彰化扇型庫を、改めて見に行ってきた。
 現役の車庫だが一般人も見ることができ、入口で記名をして入場。

P5270591

 訪れたときはあいにく雨で、しかも結構激しい降りだった。かつての蒸気機関車はターンテーブルで向きを変える必要があり、そのためにその周りに扇形に車庫を作って車輛を停めておく扇型車庫ができた。今は主にディーゼル機関車が停まっている。






P5270589

 その扇型車庫の一番端、さらに車庫の外には蒸気機関車が停まっている。









P5270654

P5270655

 日本統治期に導入されたこれらの蒸気機関車、左写真右側のCK124は日本のC12形と、右写真のDT668は日本のD51、いわゆるデゴイチと略同型なのだそうだ。小さいCK124は保存運転の報を聞いたことがあるが、DT668は使われているのだろうか。

P5270605

 扇型車庫は、彰化駅のすぐ北側にある。線路沿いに停まっている機関車と車庫の機関車が交わるように停まっているのがおもしろい。
 機関車に近づくことができるのも、めったにあることではない。






P5270614

 高いところから見た扇型車庫。










P5270615

 現役の車庫なので、当然本線と繋がっている。
 車庫の脇を、区間車(普通電車)が通り過ぎていく。









P5270628

 ディーゼル機関車に混じって、電気機関車の姿も。車庫には架線は張ってなく(張っていたら気軽に立ち入ることはできない)、どうやってここから出ていくのだろうか。







 構内を歩いていたら、突然ターンテーブルが動きだし、ディーゼル機関車をターンテーブルに乗せて向きを変えるところを見ることができた。もっとも機関車は車庫の中にとどまったままであり、サービス的にやっているのだろうか。それでも、ターンテーブルが動くさまを見せてもらいありがたい限りである。

P5270651

P5270646

 帰る間際にようやく雨は小降りになってきた。
 日本統治期の車庫や機関車だから、ということではないが、昔からあるものに手を加えて時代に合わせて使っていることに敬意を表したい。願わくば、好天の日にまた行きたいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年5月29日星期四

2014年5月・台湾(1)碓渓温泉

 先週から今週初にかけて、2泊3日で台湾に行ってきた。

P5250341

 2泊3日だと台湾東部に行くのは難しいのだが、近いところでということで台北から自強号で1時間半、碓渓温泉へ。かつて見た台湾映画『練習曲』の冒頭で、自転車での台湾一周を目指す耳が不自由な若者が目的地を聞かれてゆっくりと「碓渓」と答えていたのを覚えている。
 台鉄の碓渓駅前には、さっそく足湯がある。




P5250344

 

碓渓温泉の歩道に埋められている、温泉マーク。










P5250347

 温泉ホテルが並ぶ通りを歩いていくと、川のようになった湯囲溝温泉公園に行きつく。水が張ってあるところも温泉なのだろうか、足をつけている人もいる。
 この後ろには、男性限定だが無料の公衆浴場がある。







P5250348

 この公園の中には、その公衆浴場とは別に「湯囲風呂」という、男女別の浴場がある。台湾の温泉というと水着を着て入るところが多いが、ここは日本の温泉のように裸で湯船に浸かることができる。
 1人一回NTD80。手ぬぐいやバスタオルも買うことができる。
 中には浅くて広い清潔なヒノキ風呂があり、足を伸ばしてゆっくりつかることができた。周りを囲むように体を洗うシャワーが設置されているのだが、お湯を流す程度の人が多く体や髪を洗っている人はいなかった。

P5250352

 この湯囲風呂には「温泉魚」と名付けられたスペースがあり、小魚が泳いでいる湯船で足湯ができる。患部を食べてくれる魚がトルコかどこかであったのを聞いたことがあるが、ここは足の美容体験なのだろうか。

 午後に桃園空港に着いて夕方に碓渓温泉着だったのでゆっくりはできなかったが、次に来ることがあればたくさんある温泉宿のどこかに泊まってゆっくりしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧